ホームへ戻る/将棋図書館トップへ/勝手に考察文表紙へ

その三 専門用語解説


テレビの将棋対局の解説や、有段者同士の感想戦などでは普通に使われている将棋用語が、意外に級の人たちには分からなかったりする事があるらしい。
そこで、ここでは、そういった用語の解説をしていきたいと思っているが、基本的な用語の解説までしたら一冊の本が出来てしまうので、とりあえず分かりづらいルール、慣習と、用語だけに限って取り上げて行きたいと思っています。

○「王(おう)と玉(ぎょく)」
将棋の王将(おうしょう)は、いろいろな呼び方をされる上、安い駒は2枚とも玉になっていたりしますが、正式には王(おう)と玉(ぎょく)といって2枚がそれぞれ違います。 「王」を上手(段位の上の人や年上の人)が持ち、「玉」を下手が持つと決められています。 アマチュア同士で指す場合、あまり神経質になる必要はありませんが、駒落ちなどで、教えてもらうといった立場になった場合は、できるだけ「玉」を取り並べるようにして下さい。 但し、将棋の図面では、どちらを向いているのか分かりやすいように、両方とも「玉」になっています(王だとどっち向きか分かりづらい)。

○「振り駒(ふりごま)」
将棋の先後(どちらが先に指し始めるか)を決める場合、並んでいる歩を取り、サイコロのように振って決めます。 正式には、5枚の歩を取り、歩(表)が3枚以上出れば、歩を取った方の人の先手です。歩が立った場合は、残りの歩で決めます。 アマチュアで練習将棋の場合は、3枚だけで振る場合もあります。 また、基本的には上手が振ることになっていますが、これもあまり神経質になる必要はありません。

○「持将棋(じしょうぎ)」
両方の王様が入玉して、どちらも詰む可能性がなくなったときの将棋の呼称。 持将棋の勝敗の判定方法が、プロとアマでは違うため、ちょっとややこしい。 正式なプロの規定では、24点法を使う。これは、玉を除く残りの駒で、大駒(飛角)を5点、小駒を1点として、双方24点あれば引き分け、24点なければ負け、というものだ(全部の駒は大駒20点、小駒34点、計54点ある)。 これに対してアマの規定は、27点法を使う。引き分けをなくすためで、唯一同点の場合は後手勝ちとするのが一般的。 駒落の場合は落とした駒を上手の持駒として計算するとしているがあまり一般的ではない。「その一」でも書いたが、「トライルール」は優れた判定方法、と思う。

○「妙手、好手、疑問手、悪手、敗着(みょうしゅ、こうしゅ、ぎもんしゅ、あくしゅ、はいちゃく)」
指し手の善し悪しを言う言葉はたくさんあるが、よく使うのはこの5つかなと思う。 好手は文字通り、「いい手」だ。これに対して妙手は、一見すると駒を捨てたりしていい手には見えないのに、実は優勢になる好手のこと。さらにすごい妙手を絶妙手という。 疑問手は、悪手ほどではないが、あまり良くない手。悪手は、明らかに悪い手だ。 敗着は、対局中は分からないが、終局後検討して、負けになった手をさして使う言葉。

○「勝勢、優勢、やや良し、一局(しょうせい、ゆうせい、ややよし、いっきょく)」
局面の善し悪しを言う言葉。 勝勢は、明らかに勝つ順が生じているときに使い、優勢は、文字通りかなり有利な時に使います。 優勢ほどではないのが、ややいいとかやや良しで、一局というのは互角の事です。 感想戦でも、「これも一局」というのは、本譜とは違うが、そう指しても互角でしょう、の意味。

○「序盤、中盤、終盤(じょばん、ちゅうばん、しゅうばん)」
将棋には、指し始めから、駒がぶつかるまでを序盤、そこから寄せに入る直前までを中盤、寄せから投了までを終盤と言います。ただし、一局ごとに、内容が違うため、どこまでが序盤で、どこからが中盤という厳密な区別はありません。 序盤、中盤では、駒損をしないこと、終盤は駒損より相手の王様を詰めることを考えましょう。

○「筋(すじ)」
2つの意味がある。 一つは、将棋盤のある地点をさすときに、右から1筋2筋と呼ぶときに使う。 もう一つが、非常に説明しづらい言葉だ。 「筋がいい」とか、「ここは、こうやるのが筋」という風によく使うが、感覚的な言葉なので説明するのはちょっと難しい。 簡単な詰将棋を数多くやったり、有段者の感想を聞くことで、「筋の良さ」とその意味を会得していって下さい。


以下は、入間将棋センターだけで使われている言葉です(別に読まなくてもいいです)。

○「柳内さん(やないさん)」
歩を垂らした後、金銀を打ち込むもっとも単純な攻め。 柳内四段の将棋にいつも発生するため、いつのまにかこう呼ばれるようになった。 もう一つ、銀の割打ちも「柳内さん」と呼ぶ時もある(割打てるところは必ず割り打つので)。 実戦で、金駒を歩の頭に打ち込む時に「やないさん」と言ったり、感想戦で、「この局面なら柳内さんがある」というふうに使う。

○「関根スペシャル」
玉頭位取りから、8四歩・同歩・8五歩と継ぎ歩をして、同歩に8四歩と垂らす攻めのこと。 関根三段が、以前得意としていた攻めで、良くも悪くもこう攻めていたので呼ばれるようになった。

○「入間定跡」
自分がセンターを始める前から、右四間飛車を得意とする人が何人もいたため、右四間飛車を別名「入間定跡」というようになった。

○「羽生でも勝てる」
感想戦で、この局面なら(相手が)羽生でも勝てる、と言うと、それくらい大差で優勢だ、という意味。 反論する(そんなに大差じゃなくちょっと悪いくらいだと思う)場合は、「いや、羽生じゃ無理だ。誰々(あまり知られていないプロ)くらいなら勝てるかもしれないが」と使う。

○「小島銀」
桂頭銀の事。受け将棋の小島四段が、美濃囲いに、2四桂(振り飛車先手)と打たれたのに対して(3六桂と跳ねられるのを厳しいかどうか読みもしないで)、無条件に2五銀と桂頭の銀を打つことから、受けに使う桂頭銀全般を指してこう言うようになった。

この「専門用語解説」については、テレビ将棋対局を見て、分かりづらい言葉が出てきたら追加していこうと思います。

1999年02月09日作成

ホームへ戻る/将棋図書館トップへ/勝手に考察文表紙へ