ホームへ戻る

「あっと驚く三手詰」

著者:森信雄 講談社 (5級〜三段)2000年1刷 新書(115*174)P209 (元値998円)


棋力向上の為のやさしい三手詰ではなく、盤面いっぱいに駒をちりばめ、三手で様々な趣向を表現した本。3手詰のみ全部で200問。まえがきにあるように、『個性ある駒の不思議さユニークさ、そして詰みの迷路の楽しさを味わっていただけたらと願っている。』ということだ。下記47問目を5分〜10分程度で解ける人にちょうど良い。