ホームへ戻る

「詰将棋実戦形パラダイス」

著者:詰パラ+週刊将棋編 毎コミ (初段前後)2002年1刷 新書(115*175)P222 (元値1050円)(絶版)

70年代の「詰パラ」に発表された作品の中から、実戦的詰将棋と言える好局を抜粋した本。
出題数105問(3手詰2問、5手詰23問、7手詰36問、9手詰19問、11手詰9問、13手詰9問、15手詰7問)
「詰パラ」系統の本としてはやさしい部類に入るが、問題そのものはやさし過ぎず、難し過ぎずと言ったところ。下記50問目(7手詰)を5分〜10分程度で解ける人にちょうど良い。