ホームへ戻る

「詰将棋探検隊」

著者:角建逸 毎コミ (マニア向け) 1995年発行 四六判(130*182)P222 (元値1260円)(絶版)


この本は普通の詰将棋の本ではない。詰将棋の様々な妙技を分類して100題紹介したものだ。古典から現代のものまで、裸玉から煙詰め、不成もの、様々な趣向詰め、詰将棋という特殊な世界を出来る限り分かりやすく紹介した本である。但し、ちょっとやそっとで解けるものはない。下記10問目(無防備図式:21手詰)はこの本の中では最もやさしい部類なので、これを解ける人なら十分読みこなせる。