ホームへ戻る

「詰将棋実力判定初段130題」

著者:先崎学 成美堂出版 (2級〜三段) 2001年発行 文庫(110*152)P255 (元値714円)(絶版)

1級復習テスト14題、初段挑戦実力テスト66題、双玉・長手数・実戦物20題、有段実力テスト30題がある。内容的には比較的やさしい実戦、筋物が多いがなかには難問も。130問の内訳は、3手7問、5手14問、7手14問、9手17問、11手34問、13手18問、15手12問、17手7問、19手3問、21手3問、23手1問となっている。下記初段テスト50問目(11手詰)を5〜10分程度で解ける人にちょうど良い。