ホームへ戻る

「新しい詰将棋初段・二段・三段」

著者:高橋道雄 成美堂出版 (6級〜三段) 1998年発行 文庫(111*152)P255 (元値714円)(販売中)

やさしく実戦的なものばかりを集め、それらを囲い崩し別に分けている。問題は全部で110問。うち最後の古典詰将棋の鑑賞の10問を除くと、3手8問、5手10問、7手19問、9手27問、11手15問、13手12問、15手4問、17手2問、19手2問、23手1問と手数の長い問題も入っている。下記舟囲い崩しの2問目(11手詰)を5〜10分程度で解ける人にちょうど良い。