ホームへ戻る

「ラクラク詰将棋」

著者:日本将棋連盟 (10級〜1級) 2002年1刷 新書(114*175)P222 (元値1050)


詰将棋としてはやさしく筋の良い3手から7手詰までを216問集めた本。3手詰は初心者にちょうど良いが、7手詰になると初段クラスでもちょっと考えるような問題も出てくる。内訳は、3手50問、5手100問、7手50問。他に試験問題として3手から7手まで16問がある。レベルとしては、下記90問目(5手詰)を5分〜10分程度で解ける人にちょうど良い。