ホームへ戻る

「将棋ワークブック(文庫)」

著者:内藤国雄 日本将棋連盟 (10級以下〜6級) 1993年1刷 文庫(107*153)P222 (元値663円)(絶版)

はじめて詰みや必死に取り組む人のための本。もっとも詰将棋150問、必死問題40問と圧倒的に詰将棋が多い。その詰将棋は、アトランダムに一手から七手まであるが、中心は三手で、長くなっても非常にやさしいものばかりだ。下記73問目が5分程度で解ける人にちょうど良い。