ホームへ戻る/コミュニティ広場トップへ/掲示板ログの表紙へ

質問掲示板過去ログ

2000年6月度

質問(感想・意見) 解答
画像タイトル:img20000607000137.gif -(17 KB)

「華麗なる一着」の変化から 名前:まっちゃん [2000/06/07,00:01:37]

ひさしぶりの質問です。

先週末、近くの図書館で内藤九段の「華麗なる一着」という次の一手集を借りてきました。その第1問でいきなりひっかかってます。

図はその第1問です(後手4三同銀の局面)。ここで先手の次の一手という問題です。

答えは「2二銀」だったんですが、だとするとちょっと分からない変化があります。
僕も2二銀という送りの手筋は浮かんだものの、この場合は3二玉と引かれて続かないと見たんですが、答えが2二銀だったんで、「あれ?」と思った次第です。
解説には、2二銀・同玉・4三馬以下の変化しか書かれていません。

自分なりに2二銀・3二玉以下の変化を考えてみました。ここで2三銀成・同玉・4三馬では、正解手順より銀が一枚損することになります。今日、帰りの電車の中で、「3三に香打って精算して4五桂!」という筋も思いついたんですが、家に帰ってもう一度その局面を見ると4五には金が利いてる・・・

うーん、2二銀に対し3二玉にはどうしたらいいんでしょ?


まっちゃんさんへ 名前:ROOK [2000/06/07,12:37:05]

ええと、私の考えですと、2一銀不成、でいかがですか?
その後、同玉だと先手4三馬、もし3三玉だと1二銀不成です。
直感ですが・・・
Re:「華麗なる一着」の変化 名前:管理人 [2000/06/07,16:33:54]

ちょっと難しいのですが、2二銀、3二玉には、3三香・同桂・2一銀不成で寄っているみたいです。
以下、同玉に、4三馬・3二銀合・2三香・2二香合・同香成・同玉・2三香・同銀・1三銀打・3一玉・2三銀成まで必死です。
3二と2二は、他の組み合わせの合駒もありますが、いずれも、似たような筋で必死がかかります。
また、4三馬に、3二金は、2三銀成がピッタリで、以下、2二飛・3二成銀・同飛・2三銀でやはり必死です。

ROOKさんの言うように、単に2一銀もありそうですが、3三玉・1二銀不成に、3二金と守られると、ちょっとはっきりしない感じがします(以下、2三で精算して4三馬や、単に2一銀不成などありますが、どうも簡明な勝ちにはならないように思います)。

本を見ていないので、何とも言えませんが、もうちょっと簡単な勝ち筋を作るか、変化手順の解説があってもいいんじゃないかな、と思いますね(高段者向けであったりスペースの関係だったりしているのかもしれませんが)。


解説をよく読むと・・・ 名前:まっちゃん [2000/06/11,05:19:12]

管理人さん、ROOKさん

ありがとうございました。本の解答欄をよーく見ると、2二銀という正解が出る前に、「2三香という手は、次に2二銀・3二玉・3三香・同桂・2一銀不成の詰めろだが・・・」という説明がありました。こう出てる以上、2一銀不成には気が付かなきゃいけないですね。


 
画像タイトル:img20000619075208.gif -(16 KB)

実戦の詰み・女流育成会編 名前:まっちゃん [2000/06/19,07:52:08]

質問ではないですが、盤面をアップロードできるここを使わせてもらいました。

昨日、囲碁将棋チャンネルの「奨励会・育成会奮闘記」の棋譜解説で出てきた女流育成会の対局、芦田理沙(先手)-鈴木環那(後手)戦の終盤です。後手が2七に桂を成り捨てて、2六香・3六玉とした局面です。ここで後手は手を間違って詰みを逃してしまったんですが、正解は? ここに来てる方にとっては簡単かと思われるので、間違った手は何だったかも当ててください。

俺も実戦だったらその間違った手のほうを指しちゃうよなあ。

(左の実戦の詰みの解答)

2七角・4七玉・5六銀・5八玉・5七金・6九玉・6八飛・5九玉・4七桂まで9手詰。

一目、△2五角と打ってしまいそうだが、▲2六玉と寄られて詰まない。
ここでは、2七角が正解。

なお、5手目△5七金では飛車でも詰む。また、4手目以降は、逃げ方、詰め方共にたくさんあるので、正解を一つにはしづらいが、いずれも9手前後の詰みとなる。
2七角に2六玉は、2五飛・1七玉に、1八角成(1六角成)で詰む。

と言うことで、正解は、△2七角、間違った手は、△2五角だと、思いますが(私も正解を聞いていない)、間違った手ってまさか△3五金じゃないだろうな、と思いながら、図面を見ていたら・・・、

3五金・4七玉・5六銀・5八玉(4八玉は5七角以下)・5七飛・6九玉・6七飛成・5九玉・6八角・4七玉・5七角成・3八玉・4七銀成までの詰み

・・・・・が見えた。うーむ、この俗手でも正解だったか。

Re: 実戦の詰み・女流育成会編 名前:B2 [2000/06/19,17:56:00]

答えは両方分かりました (きっと)。いい問題ですね。

最初に読んだのは間違った方の手でした。30 秒だったら、25 秒ぐらいで詰まないことに気づいて、でも他の手を読む時間もなくて、結局その手を指してしまいそうです。ちなみに、二つ目に読んだのは5八角でした。
 
Re:詰みました、でも・・・ 名前:ROOK [2000/06/19,23:33:59]

こんばんは。

何とか詰みましたが、秒読みですと間違えるでしょう。
私の第一勘は2五角でした。
これは、詰まないようです。(2六玉で)

Re: 実戦の詰み・女流育成会編 名前:管理人 [2000/06/20,11:36:58]

この問題の正解を、過去ログに載せておきました。
と言っても、私も正解を聞いてないので、もし、間違ってたら、教えて下さいね>まっちゃん

  そのとおりです 名前:まっちゃん [2000/06/21,00:33:53]

過去ログの解説のとおりです。正着は2七角、本譜は2五角で、これはご指摘の通り2六玉で詰みません。2七角で2六玉の場合は、2五飛・1七玉・1八角成という詰め将棋のような手筋で詰んでしまいます。意外な角打ちとこの手筋に感動して、思わずCSチューナーの画面静止機能を使って(初めて使った)盤面をメモしました。

それにしても不思議なのは、2五角で即詰みを逃したとはいえ、それでも依然後手優位ですよね。実際にはこの対局はこの後、先手が勝ったということ。画面を静止させてメモしてる間に解説が進んでしまったので、どうやって逆転に至ったのかは分からなかったんですが・・・

それにしても余詰みがあったとは知りませんでした。
番組での横山女流初段の解説でも出てなかったです。

  実戦の詰み・女流育成会編 名前:通りすがり [2000/06/24,17:57:39]

△4七角、△4四桂、△2四桂でも詰んでいるようですね。

ホームへ戻る/コミュニティ広場トップへ/掲示板ログの表紙へ