ホームへ戻る/コミュニティ広場トップへ/掲示板ログの表紙へ

掲示板ログと問題の解答集

1999年6月度

質問(感想・意見) 解答
画像タイトル:実戦の詰み1 -(4 KB)

掲示板設置 名前:管理者 [1999/06/24,08:09:41]

掲示板を設置しました。「掲示板使用について」を読んで、自由に書き込んで下さい。
例として、実戦の易しい追い詰めを出してみました。

(実戦の詰み1の解答)

5五歩・同銀・6五銀・5三玉・5四歩・4三玉・6三竜・5三歩・同歩成・同金・5四銀・4二玉・5三銀成・3一玉・2一金打・4一玉・5二竜まで17手詰。

手数こそ長いですが、特に妙手もない「追い詰め」です。
こういった、易しく長い詰みが詰められるかどうかで、勝率もずいぶん違ってきます。
p166ではコンピュ-タ-将棋がかわいそう 名前:佐藤 憲夫 [1999/06/24,17:29:01]

6/23のファミリ−将棋についての日記をみました。
コンピュ−タ−将棋におけるcpuの早さは絶対的なもので現在p166で評価するのはかなり 無 謀 ではないかと思われます。
ちなみに私の場合でいいますと、p133でAI将棋3DELUXE
は不満を感じる強さでしかありませんでしたが、k6-2-350でマシンを組み直したところ、あまり勝てなくなりました。したがって、管理者氏ももっと早いマシンでの評価が必要だと思います。(私ファミリ−将棋とは何の関わりもありません。念のため)
数ある将棋関連ホ−ムペ−ジの中で、内容、発言どれをとってもピカ一のこのホ−ムペ−ジの大ファンの一人としてこれからも期待してます。
Re:p166ではコンピューター将棋がかわいそう 名前:管理人 [1999/06/25,09:03:54]

いつも、来てもらっているようで、ありがとうございます。
一応、反論を・・・。
実は、日記には書きませんでしたが、P166だけではなく、P2の266でもやっているんです。しかし、強さは、変わらないように感じています(指し手はより早い)。おっしゃるように、AI将棋(や東大将棋)はレベルごとに指す手が時間で切られるので、遅いマシンと早いマシンでは強さが違ってきます。でも、「ファミリー将棋」はそういう仕様になっていないようです。
いずれ、ちゃんとした評価レポートを「勝手に考察文」に載せたいと思ってます。
それと、お願いが・・・あんまり、「にっきちょう」にだけは、つっこみ入れないで下さい。けっこう書く方も気を使ってるんです・・・。
ファミリー将棋 名前:ミルクコーヒー [1999/06/25,19:26:58]

はじめまして、掲示板オープンおめでとうございます。
(使用規定に書いてありませんがここってハンドルでいいのでしょうか?)

>ちゃんとした評価レポートを「勝手に考察文」に載せたいと思ってます。

期待してます。(^^)
実は序盤が組み合った後から指し継げばファミリー将棋が
最強かもしれないと気にしていたので、そうした利用の
ご感想についても教えていただけると助かります。

...で、冒頭のやさしい追い詰なのですが、図の直前の
△6三(同?)歩って結構すごい悪手ですね(^^;

ではまた。
Re:ミルクコーヒーさん、はるひさん 名前:管理人 [1999/06/26,11:21:18]

ありがとうございます。
>ミルクコーヒーさん、
もちろん、ハンドルでOKです。使用規定も追加しておきました。
>実は序盤が組み合った後から指し継げばファミリー将棋が最強かもしれないと気にしていたので

なるほど!確かに、私の感覚では序盤6級、中終盤初段という感じですが、序盤の感覚が悪すぎて、必要以上に弱い感じを受けたかもしれませんね。

>はるひさん
藤井システムonlyの掲示板にも行ってみましたよ。でも、何を書いて良いものやら・・・。
これからも、よろしくね。
掲示板が出来ましたねっ! 名前:はるひ [1999/06/26,01:00:53]

ついに掲示板ができましたねっ!
いそださん、すごいです!
はるひのところは、ようやく藤井システムonlyの掲示板を
設置しました。でも、誰も気付いてくれません(^^;
これからも、いそださん、頑張ってくださいね!
質問 名前:hiro5 [1999/06/26,02:25:55]

楽しく大変有益なHPをありがとうございます。
30代半ばにして本格的に将棋の勉強を初めてまだ2ヶ月。まずは初段が目標です。勉強といっても相手がいないので本とパソコン相手に地味にやっております。しかし一人でやっていても分からないことだらけで、このコーナーができて大変喜んでいます。恥ずかしい質問ばかりですがよろしくお願いします。

1、まず本について。あちこちの本屋で探しましたが、あまり私の納得できるような良い入門書が見つかりません。ほとんどの入門書が小学生位を対象にしているようで、駒の動かし方くらいは知っている「成人向け」の入門書が見あたらす、大変不満に思っております。定跡や詰将棋の本はたくさんありますが(もちろんこういう本も上達に不可欠なことは勿論でしょうが)、将棋を指す上での基本的な考え方や心構え、筋道を総合的・体系的に記した本が見あたりません(先崎七段の「先ちゃんの将棋ABC」はいい本でした)。お薦めの本はありますでしょうか(「実戦に如かず」という答えもあるでしょうが…)。

2、初心者向けの定跡本にも「相がかり」という言葉が何の説明もなく使われています。角換わりや棒銀などは字を見れば何となく分かりますが、「相がかり」はそうはいきません。その内容は分かりましたが、言葉の語源的意味が気になっています。技術とは関係ありませんがご存じでしたらお教えください。

3、矢倉(がどういうものかまだよく分かりませんが)を指す場合、▲7六歩に△3四歩とされては矢倉はできないと書いてありますがなぜでしょうか。▲6六歩としてから矢倉に組むことも可能ではないかと思ってしまいます。これに関連して、序盤の数手で選択可能な戦法が決まってくるようですが、序盤の数手の指し手と戦法との相関関係について、初心者が最低知っておくべきことがありましたらお教えください。

4、初心者同士やパソコン相手では、▲7六歩△3四歩▲2六歩の後、いきなり△8八角成と角交換してくることがあります。こんな指し手は定跡には無いようですし、良くない手だと思うのですが、力不足でこれを咎めることができません。先手はどう対処していけばよいでしょうか。

5、掲示板の最初にある「追い詰め」とは何でしょうか。

6、もう少し掲示板の書き込みの欄が大きければ見やすいのですが…。

7、「イビアナ裁判」についての考察も期待しております。

以上、よろしくお願いします。

 
Re:質問(hiro5さん) 名前:管理人 [1999/06/26,11:35:39]

こちらこそ、よろしくお願いします。
1.本について
確かに、基本的な考えを体系付けた本というのは見ませんね。私としては、入門の次は易しい詰将棋と、手筋の本、それに実戦という感じですが、初心者向けの本については、もう少し調べてみます。

3.6六歩として、矢倉に組むことも可能です。
序盤の指し方についてあまり神経質になる必要はないと思います。戦法との相関関係など、有段者でも結構知りませんよ。4に8八角成を力不足で咎められないとありますが、力があってもこれは咎められません。この後は、力将棋(定跡から外れた将棋)になるだけです。
ただ、自分の好きな戦法の本を読み、試してみるのは有益だと思います。

5.詰将棋には普通「妙手」(駒を捨てたりする手)が含まれています。こういう妙手なしに、普通に王手をしていくと詰んでしまうようなものを、「追い詰め」と呼んでいます。

6.掲示板の書き込み欄、今のところこのままでお願いします。
誰か知りませんか? 名前:管理人 [1999/06/26,11:40:54]

hiro5さんの質問にあった、
「相がかり」の語源と、「イビアナ裁判」、
私は、こういう裁判があった、という事しか知りません。
どなたか、「相がかり」の語源を知っている人、「イビアナ裁判」の記事がある場所など、知っていたら教えて下さい。
 
re:誰か知りませんか? 名前:風みどり [1999/06/26,15:36:12]

朝日新聞の記事だったら
http://www.asahi.com/0623/news/national23046.html
↑にありますね。
居飛穴裁判 名前:ミルクコーヒー [1999/06/26,18:42:19]

読売新聞の記事は
http://www.yomiuri.co.jp/newsj/0623i406.htm

こちらです。
居飛穴裁判 名前:管理人 [1999/06/27,18:15:43]

居飛穴裁判の記事見てみました。
大木さんは、昔から穴熊党のアマ強豪として名前は知ってましたが、本人を知らないので、コメントのしようもないですね。
でも、判決は誰が見ても、妥当なんじゃないですか。
 
  相掛かりの語源 名前:ito [1999/06/29,02:20:16]

皆様、始めまして。
相掛かりの語源について、私自身は断言できませんが、こうではないかという説を持っていますのでご参考までに聞いてください。

武者言葉という武士独特の物の言い回しがありまして、それによると、敵陣に攻め入ることを「掛かる」と、言ったそうです(掛けるではなく)。

角を交換しない相居飛車の将棋が、最後には互いに攻め合う激しい将棋になるので、「相掛かり」と呼んだのではないでしょうか?
  Re:相掛かりの語源 名前:管理人 [1999/06/30,09:57:18]

itoさん、ありがとうございます。
確かに、納得のできそうな説ですね。
これからも、よろしくお願いします。
画像タイトル:実戦の逃れ1 -(4 KB)

NHK戦のとん死 名前:管理人 [1999/06/30,16:41:32]

先日放映されたNHK戦の畠山六段対中田七段の戦い。
先手の畠山六段が、今詰まないのを承知で(たぶん)、5三銀と怪しげな王手をしたところ。
見た人もいると思いますが、実戦は、とん死しました。
逃げ場は5つ。二つは逃れ、三つは詰みます。
かなり、難解。
(実戦の逃れ1の解答)

正解は、3三玉又は5五玉。

実戦で中田七段は、5三同玉と取ってしまい、以下7一角(6二角でも詰み)・5四玉・6四飛以下詰まされてしまいました。

3三玉は、4五桂や2五桂などちょっと嫌な手がありますが、それでも他の場所に比べたら、一番安全そうなところです。
5五玉も、一見不安定ですが、飛角しかないため、逃れているようです。

4三玉は、4四飛以下詰み。5四玉は6四銀成以下詰みです。
初めまして 名前:羽生のヘボ [1999/06/30,20:43:14]

 初めまして。羽生のヘボと言います。埼玉の方ならお分かりと思いますが、ハブではなく「はにゅう」と言います。群馬よりの田舎町です。スペース将棋道場(HP)の掲示板で入間将棋センターのHPを紹介したら非常に喜ばれました。(同じ埼玉県人としてうれしかった)
 質問は山ほどあります。後日教えてください。
「はにゅう」でしたか 名前:管理人 [1999/07/01,12:29:58]

>羽生のヘボさん
お名前はマールさんのところで見ていたのですが、ずっと「はぶ」って読んでました。
質問は小出しにどうぞ。
>くるりんさん
将棋の古本というと「アカシヤ書店」くらいしか知らないですね。
お初です。 名前:くるりん [1999/07/01,08:20:26]

どうも、初めまして!m(__)m

毎日コミュニケーションズ発行「雁木伝説」という本を探して
います。古本・大型書店の検索などで探してみましたが、今のところどこにもないのです。(もう絶版になってるのです)
どなたかお持ちでしたら、お譲りいただけたらと思います。
ここならあるという情報でもかまいません。教えてください。
よろしくお願いしますー!

ホームへ戻る/コミュニティ広場トップへ/掲示板ログの表紙へ