ホームへ戻る/コミュニティ広場トップへ/掲示板ログの表紙へ

掲示板ログと問題の解答集

1999年10月度

質問(感想・意見) 解答
画像タイトル:実戦の凌ぎ4 -(4 KB)


凌ぎの問題4 名前:管理人 [1999/10/01,14:32:25]

棋力判定問題48問の姉妹問題。
何を合駒すれば、詰まないでしょう。
(実戦の凌ぎ4解答)

正解は2九香。

判定問題48問との違いは、二つの銀(5四と5七)の位置の違いだけ。しかし、それが合駒の限定を違ったものにするのです。
48問の角では、同竜・同玉に、4八角と打たれて詰んでしまいます。逆に香合は、1八桂成・同玉・3八竜・1七玉・1八金・2六玉に・2五香は同玉で、2四香は同角でわずかに詰みません。
画像タイトル:羽生の逃した詰み -(4 KB)


NHK杯 名前:管理人 [1999/10/04,12:24:34]

10月3日のNHK杯戦、終盤羽生が詰みを逃すという珍事が発生しました。
その局面が左図です。
実戦の詰みとしては、かなり難解。テレビを見ていないで、詰められれば、十分に四段はあると思います。

(羽生の逃した詰み解答)

正解は、1五桂・同歩・3二銀・同金・同竜・同玉・3一と・2二玉・2三銀・1三玉・1四香・同銀・同銀成・同玉・1五歩・2三玉・3二角・1二玉・2三金まで19手詰。

初手の1五桂が、のちのち1四に駒を打てるようにするための事前工作。
同歩と取らせて、3二銀から入るのが筋。
3一とで、桂成では、4二玉と寄られて詰まない。
また、3一とに、4二玉は、5一銀・5二玉・4一角・4三玉・3二角成・4四玉・4三金までの詰み。
4二玉で、4三玉は、6一角以下詰む。

実戦で羽生は、初手の1五桂をはぶいた。
そのため、3一と・2二玉・2三銀に1三玉と上がられて詰まなくなった。もし、2五銀がいなければ、1四銀成という手筋で詰むのだが、この場合は詰まない。

羽生の逃した「珍しい詰み」として後生に残りそうだ。
ごあいさつ 名前:ねこじゃらし [1999/10/04,22:55:34]

こんばんは。ねこじゃらしです。
はるひちゃんのオフ会の折にはお世話になりました。
(あの時は夏真っ盛りでしたね〜・・・)
HPを覗いてくださったみたいで、ありがとうございました。
実は私も、こちらを時々拝見しております。
今日の勝負運をついついやってしまったりして・・・。
今後ともよろしくお願いいたします。
リンクしました 名前:管理人 [1999/10/05,14:02:21]

ねこじゃらしさんのページ、リンク集にリンクしました。
皆さん、見に行ってみて下さい。
リンク 名前:ねこじゃらし [1999/10/06,19:35:28]

リンク集に入れてくださり、ありがとうございました。
私も、このページを紹介させて頂きました。

ところで今日の午後、某所へ出かけた折に、
将棋道場を発見しました。
窓から中をのぞくと、数人のおじさんたちが仲良く談笑中。
「初心者歓迎」とドアに大きく貼ってあったけど、
入る勇気がありませんでした。(^^;
 
教えてください、最近困ってます。 名前:猛猛しい豹と酔った象 [1999/10/08,05:22:28]

 こんにちは
 最近将棋をやってて困ること多いんです。
 それは、右四間飛車のことです。
 
 振り飛車や矢倉好きの私は、手も無くかの戦法に
やられています。慣れてきても苦手意識は消えません。
 どうしたらよいでしょうか?
 御勧めの書籍は…?
Re:対右四間飛車 名前:管理人 [1999/10/08,13:07:35]

>猛猛しい豹と酔った象さん←すごいHNですね。

右四間飛車、強力なのでいやがる人が多いようですね。
まず、良い本としては、小林健二著の新スーパー四間飛車T(毎日コミュニケーションズ)と定跡外伝(週刊将棋編)が上げられます。
でも、本だけでなく、やられたら嫌な戦法を、相手に試してみてはどうでしょう。自分より強い人に右四間飛車をやると、意外にうまくいかないものです。そして、「なるほど、こうして受けるのか」ということを会得するのです。

右四間飛車に限らず、自分がやられると嫌な戦法は、まず別の人に試してその対策を学ぶ、というのが「裏定跡」です。
  棋力判定問題 名前:序盤一年生 [1999/10/09,08:37:28]

 右四間のお薦めは、NHK将棋講座(四月−九月)です。
超基本の四月と実戦譜で分かりづらい九月をはずして、間を集めればOKです。まわりからの声も今回の右四間は評判良かった。
 良いのはテキストですからネ誤解しないように。テキストのすばらしさと、アノ説明のアンバランスから見て、アマ強豪が書かれたのかナーと失礼なことを考えています。
 でも今月からの豊川さんはうますぎる。^^;
10月8日の「にっきちょう」 名前:B2 [1999/10/09,00:02:29]

表の方には初めて書き込みます。
将棋の認知度ですが、「田中寅彦」氏も結構有名だと思います。この前将棋を知らない人と一緒にテレビ(将棋番組だったか?)を見ていて、「あ、この人知っている」と言われました。「公文式」の影響は大きいようです。でも、「穴熊裁判」の人と同一人物だとは知らないとは思いますが。
竜王戦 名前:ねこじゃらし [1999/10/14,14:26:34]

ISODAさん、こんにちは。
竜王戦ページを作られたとは、さすがですね!
午前中のBS放送では11手まで進んでいました。
囲いがどうなったか楽しみです。
Re:竜王戦 名前:管理人 [1999/10/14,15:38:04]

去年は、Javaスクリプトによる、棋譜再現の機能が読売新聞のHPにあったのですが、今年はないみたいですね。
しかも、進行の更新が遅いようだ。

BS入ってないし・・・。
竜王戦 名前:棋界雀 [1999/10/14,17:40:19]

こんにちは。ビデオをセットミスしたので、今朝のは
見られません。夕方のは会社を抜けて予約してきまし
た(爆)。

でも明日のタイトル保持者全員対局日も結構楽しみです
竜王戦第1局終わりました 名前:ねこじゃらし [1999/10/15,17:46:36]

16時41分、66手で藤井竜王の勝ちです。

Re:竜王戦第1局 名前:管理人 [1999/10/15,18:06:54]

報告、ありがとうございます。
振り飛車悪いとは思ったけど、こんなに早く終わるとは思いませんでした。
藤井竜王の作戦勝ちでしょうね。
Re:竜王戦第1局 名前:ねこじゃらし [1999/10/15,18:16:53]

ISODAさん、こんにちは。
まだうろうろしているねこです(笑)。

>藤井竜王の作戦勝ちでしょうね。
どうもそのようです。
鈴木六段は指す手がなくなってしまい、投了しました。
藤井竜王の居飛車は予定していたとか。

ISODAさんの解説を楽しみにしております。
将棋の歴史 名前:さやか・ゆきの [1999/10/16,10:42:11]

将棋の始まりを調べています。何時代から始まったのか,だれが始めたのか、今のやっている人の人口などを知りたいので教えて下さい。
Re:将棋の歴史 名前:管理人 [1999/10/17,09:50:37]

>さやか・ゆきのさん

将棋が生まれたのはインドで、ルールが変わりながら鎌倉か室町時代あたりに日本へ伝わったと聞いています。詳しくは、大内プロが将棋のルーツを本に書いて出していたと思うのですが、今すぐにはちょっと分かりません。
もし、分かる方がいましたら、書き込みお願いします。

また、将棋のルールを知っているだけの人の数はたぶん誰にも分からないと思います。
ただ昔から、推定で将棋人口は一千万人とも二千万人とも言われていますね。
私のことは気にせずに。 名前:はるひ [1999/10/17,01:36:55]

竜王戦始まりましたね。
ISODAさんから見て、竜王の桂跳ねはどう思われます?
私は棋力が乏しすぎるので、よくわかりません。
すごいすごいと解説の福崎八段は言っておられましたが。
しかし、まぁ、投了が指しようがないのでというのがすごかった。
Re:竜王戦 名前:管理人 [1999/10/17,10:01:03]

>はるひさん

私は解説を聞いてないのですが、棋譜を並べて「すごい」と思ったのは、7二飛から数手で指し易くしてしまった「構想力」ですね。特に一局の中で「4二銀引き」に感動しました。

二局目以降、鈴木六段の頑張りに期待しましょう。
竜王戦 名前:棋界雀 [1999/10/21,23:49:00]

ISODAさんが、鈴木先生の応援をしていたとは...。
しかも小声で(笑)。結構びっくりして、はるひ嬢のところでカキコしてばらしてきましたが(失礼)、主要メンバ−はやはりここにも来ているのでみんな知っているようですね(笑)。あの序盤の構想力には圧倒されましたが、今後好局が続くことを期待します。
竜王戦第二局 名前:管理人 [1999/10/27,12:13:42]

第二局が始まりました。

まだ、読売新聞のHPは記事が出てない。
しかし、他人のHPで、戦型は藤井竜王の居飛車対、鈴木六段の中飛車みたいだという事が分かりました。しかも変則的な。

今から出かけるので、4時位には、情報のページ、更新したいと・・・。
初心者です。 名前:金江 亮 [1999/10/27,15:49:14]

はじめまして。最近将棋に興味を持った金江といいます。
初心者ですので、タウンページで将棋教室をいろいろさがしてみたのですが、なかなか行く勇気がなかったのですが、 このホームページを見て、いってみる決心がつきました。
私は大学生なので、やはり「初心者」として将棋センターに 行くのは恥ずかしいですが、とにかく一度いってみようと思います。(一応、小学生の時は将棋部だったのですが、私を含めて誰も棒銀・原始中飛車の受けができないほどの弱い将棋部でした。)
私が急に将棋に興味を持ったのは、たまたまテレビでみた NHK杯神吉広充6段・森内俊之8段の対局が、なぜか私には 非常に面白かったのと、たまたま古本屋に置いていた 「詰将棋のつくり方」(伊藤 果・著)が面白かったからです。
これからもよろしくお願いします。

私は数学科の学生なのですが、プロ棋士には数学が得意な人が多いというのは本当ですか?皆さんはどうですか?
大道詰将棋は順列・組合せによく似ているなあとはおもいますが・・・
Re:将棋と数学 名前:管理人 [1999/10/27,18:12:14]

>金江さん、はじめまして

「プロ棋士には、数学が得意な人が多い」というのは、本当かどうか分かりませんが、「小、中学生の頃、数学が得意だった人が多い」というのは、たぶん事実ではないでしょうか。
数学の得意な人が、将棋も強くなりやすい、というのはある意味本当のようです。もちろん一方で、勝負術のような、数学とはかけはなれた一面も将棋は持っていますが。

それから、将棋道場は、場所によりずいぶん雰囲気も違います。
初心者の人には、たしかに、敷居が高いかもしれませんが、棋力アップを目指して、これからも頑張って下さい。

封じ手 名前:ねこじゃらし [1999/10/28,08:15:19]

こんにちは。
竜王戦の封じ手開封まで1時間を切りました。
昨日のBS中継での候補手は、
ISODAさんの予想と同じ9五歩で、
他には、5六歩や5九銀が挙がりました。
先崎七段の解説は、
第1感は9五歩だけど5六歩もやってみたいな〜、
という感じでした。
(記憶違いだったらごめんなさい。)
Re:封じ手 名前:管理人 [1999/10/28,10:24:20]

>ねこじゃらしさん、いつも情報ありがとうございます。

9五歩が第1感ですか(よかった!)。
5九銀もちらっと浮かびました(前回の4二銀引きがあるので)。
5六歩は、すぐに7六飛と走れるので、あまり考えませんでしたが、いわれてみると、ありそうですね。
いずれにせよ、読売のHPが更新されたら、昼までの局面をアップします。
封じ手は 名前:ねこじゃらし [1999/10/28,10:36:07]

5六歩でした。
(ISODAさん、メールも見てくださいね〜。(^^)/)
Re:封じ手は 名前:管理人 [1999/10/28,10:53:28]

>ねこさん、すみません。

下の書き込みをして、落ちる前に、メールチェックしたら、指し手が来てました。
ということで、早速、解説入れておきました。

竜王戦 名前:ねこじゃらし [1999/10/28,11:41:26]

ISODAさん、さっそくの解説をありがとうございました。
TVでもISODAさんのおっしゃる通り、
竜王の読み筋通りの展開なのかもしれない、という内容でした。
えらいことに、 名前:はるひ [1999/10/28,18:46:25]

解らない。
5時台に家に帰ってみたら、藤井竜王やばいって(^^;;
おじいちゃんが〜〜。焦ったってぱにくったって。
でも、香車が成ってきたのは形作りだって、
先崎七段が・・・・・・・・・・・・・。
結局どうなったんだろう????????
その通り 名前:ねこじゃらし [1999/10/28,20:29:51]

はるひちゃんの言う通り、
なんだかすごい中継で面白かったです。
藤井竜王も時間があるのに早指しになってるし(鈴木六段は途中から1分将棋になりました)。
(ISODAさん、またメールを見てくださいね〜(^^)/)


藤井竜王勝利 名前:管理人 [1999/10/28,20:32:02]

竜王戦、藤井竜王勝たれたみたいです。

>ねこさん、棋譜、並べてみます。
失礼しました 名前:ねこじゃらし [1999/10/28,20:32:10]

すでに解説が・・・ISODAさん、失礼いたしました。
ということです。 名前:はるひ [1999/10/28,20:38:43]

竜王が勝たれました。
それも、チャットの時点でもう終わっていた。
(というのは予測済みでしたが(^^;))
鈴木六段の応援をしておられる、ISODAさんの今後の動向が
気になります(笑)
はぁ、やっと落ち着いたよ。
ドラゴンズ負けるなぁ!
ローソン的にはダイエーだけど。
封じ手局面 名前:MOMOSA [1999/10/29,00:49:17]

 皆あの局面で95歩ぐらいでもいいというけど、ゆっくりして ると△35歩▲同飛△76飛がうるさいと思うけど・・・
 2筋への飛まわりを防げば、44角〜35歩〜62角〜34飛 のネライがあるし・・・
 意外とあの局面は、動かざるをえない局面では?
>封じ手局面 名前:管理人 [1999/10/29,09:15:37]

>MOMOSAさん

なるほど、3五歩ですか。
あまり深く考えていませんでした(戦いに入ると竜王の陣形の方が固いので)。
3五歩・同飛・7六飛に、5六歩・同飛・4五桂くらいでどうでしょう。5四歩などの垂らしを見ているので、仮に2筋から飛車を成られても、攻め合って勝てると思いますが。

でも、詳しくは、今度の週刊将棋を見てみましょう。

ホームへ戻る/コミュニティ広場トップへ/掲示板ログの表紙へ