ホームへ戻る/情報発信局トップへ

タイトル戦の主催紙とそのサイト

プロのタイトル戦について、その主催紙である新聞社のサイトへリンクを張っておきます。
リンクは、新聞社のトップページに張ってあり、ほとんどの新聞社では、タイトル戦開催時期にニュースを流していますが、なかには、記事になっていない場合もあります。
なお、タイトル戦を含む棋戦情報の詳細は、日本将棋連盟の「棋戦の動き」でご覧になれます。

◎名人戦(主催:毎日新聞社朝日新聞社)開催時期:4月〜6月:七番勝負

毎年、順位戦というリーグを勝ち上がり、最後にA級順位戦で、名人への挑戦権を得る。
半世紀以上の歴史を持つ、将棋界最高のタイトル。

◎竜王戦(主催:読売新聞社)開催時期10月〜12月:七番勝負

1組から6組まで、分かれてトーナメント戦を行う。最後に決勝トーナメントを行い、そこで優勝した者が、竜王への挑戦権を得る。
名人と並び称される最高のタイトル。

◎棋聖戦(主催:産経新聞社)開催時期:6月〜8月:五番勝負

一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がった者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを戦う。

◎王位戦(主催:新聞三社連合(中日新聞/北海道新聞/神戸新聞/西日本新聞/徳島新聞)開催時期:7月〜9月:七番勝負

予選トーナメントを勝ち抜くと、紅組、白組に分かれて、リーグを行う。最後に、挑戦者決定戦を行い、勝った者が挑戦者になる。

◎王座戦(主催:日本経済新聞社)開催時期:9月〜10月:五番勝負

一次予選、二次予選のトーナメントを勝ち抜き、さらに決勝トーナメントを勝ち抜いた者が挑戦権を得る。

◎棋王戦(主催:共同通信社)開催時期:2月〜3月:五番勝負

予選トーナメントを勝ち上がった者が、本戦トーナメントを戦う。ベスト4以上は、2敗失格システムというちょっと特殊な敗者復活戦がある。

◎王将戦(主催:スポーツニッポン新聞社毎日新聞社)開催時期:1月〜3月:七番勝負

一次予選、二次予選トーナメントを勝った者が、決勝リーグを行い、挑戦権を争う。

◎女流名人位戦(主催:報知新聞社)開催時期:1月〜2月:五番勝負

A級とB級の二つのリーグ戦があり、A級の優勝者が挑戦権を得る。

◎霧島酒造杯女流王将戦(主催:株式会社囲碁将棋チャンネル)開催時期:10月〜11月:五番勝負

予選と本戦のトーナメントがある。

◎大山名人杯倉敷藤花戦(主催:倉敷市)開催時期:11月〜12月:三番勝負

トーナメント戦で、挑戦権を得る。

◎女流王位戦(主催:新聞三社連合:リンク先は男性の王位戦参照)開催時期:5月〜6月:五番勝負

男性と同じく、予選トーナメントを勝ち抜いた者が、紅組、白組に分かれて、リーグを行う。最後に、挑戦者決定戦を行い、勝った者が挑戦者になる。

ホームへ戻る/情報発信局トップへ