ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2001年1月分「今週の実戦の詰み」


第83問(1月1日出題)

棋譜展示室の10番の実戦から出題。ただ、持駒の歩を一枚少なくしています。
ここでは、▲7九歩と打っても勝ち。でも、詰むと分かっていれば、詰ませられるはず。手数は長いが、難しい手はない。

17手詰。但し、同手数の逃げ方が二通りあります。10分で二段。

第84問(1月8日出題)

新春早々、長手数ものが続いてしまった。千日手と打ち歩詰めの罠をくぐり抜けて、詰ませて下さい。

17手詰。10分で三段。

第85問(1月15日出題)

追い回して捕まえます。但し、間違えた追い出し方をしないこと。遠い駒まで役立ちます。

15手詰。10分で二段。

第86問(1月22日出題)

将棋センターの飛香落ちから。
筋で追って行けば、簡単に詰みます。

13手詰。10分で初段。

第87問(1月29日出題)

あまり逃げ場のない玉ですが、敵駒も良く利いています。
途中に気付きにくい妙手があります。

11手詰。10分で初段。

解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ