ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2002年4月分「今週の実戦の詰み」


第147問(4月1日出題)

一見広そうだが、変化も少なく、それほど難しくはない。持ち駒の飛角金と2六の桂でピッタリ詰ます。

11手詰。10分で初段。

※手筋22、5使用。

第148問(4月8日出題)

二枚落ちから。
ちょっと遠いところにいる玉だが、持ち駒や盤面全体の駒を効率良く使って攻める。

13手詰。10分で三段。

※手筋5、35、5、24使用。

第149問(4月15日出題)

手数は長いが、後半はやさしい追い詰め。変化も確実に詰めておくこと。

15手詰。10分で三段。

※手筋18、5使用。

第150問(4月22日出題)

盤面はちょっと広いが、金駒四枚でうまく捕まえる。
7手目までの手順が勝負だ。

15手詰。10分で三段。

※手筋34、5、22使用。

第151問(4月29日出題)

今回はやさしい。問題となるのは、初手〜3手目の追い方と最後にちょっとした手筋が出ることだけ。

11手詰。10分で初段。

※手筋5、34使用。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ