ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2002年5月分「今週の実戦の詰み」


第152問(5月6日出題)

初手は当然の一手だが、2手目の逃げ方はどちらもきちんと詰ませて欲しい。変化がなければ、10分で初段と言うところ。

11手詰。10分で三段。

※手筋38、10、変化に5使用。

第153問(5月13日出題)

初手に迷うところがあるが、難しいのは最初の方だけ。入り方さえ分かれば、後はやさしい。

11手詰。10分で初段。

※手筋49、1使用。

第154問(5月20日出題)

駒をたくさん使い、玉を追い出してきて後一歩のところ。打ち歩詰めになってしまうのをどう打開するか。なお、手順前後が成立する。

13手詰。10分で二段。

※手筋5、45使用。

第155問(5月27日出題)

強力な龍と馬で攻めているが、玉も相当粘れる形。盤面全体を見て、粘られないように攻めるにはどうすれば良いか。

13手詰。10分で二段。

※手筋4のオンパレード。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ