ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2002年7月分「今週の実戦の詰み」


第160問(7月1日出題)

狭い玉で簡単そうだが、逆王手と打ち歩詰めの筋が出てくるので注意すること。


11手詰。10分で二段。

※手筋5、42、45、41使用。

第161問(7月8日出題)

前回と同一局から。普通は15手以内の問題にして出題するのだが、今回はほとんど変化がないのであえて長手数問題を出してみた。

17手詰。10分で二段。

※手筋45、2使用。

第162問(7月15日出題)

詰み形を見つけるのは、それほど難しくはないと思うが、玉方も最強の頑張りを見せるのですべて読み切ること。

15手詰。10分で三段。

※手筋1、18、5使用。

第163問(7月22日出題)

長い王手の末に生じた形。持ち駒金二枚でピッタリの詰みとなった。

11手詰。10分で初段。

※手筋4、35、18使用。

第164問(7月29日出題)


お互いの玉が香の上にいて向かい合った形。こういう場合は、常に逆王手に注意すること。やや難しい。

13手詰。10分で三段。

※手筋5、3、10、42使用。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ