ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2002年10月分「今週の実戦の詰み」


第174問(10月7日出題)

豊富な持ち駒だが、物量だけで攻めると失敗する。3二龍をどのように活用するか。

13手詰。10分で二段。

※手筋10、1使用。

第175問(10月14日出題)

局後、詰みを指摘したら、感嘆の声が上がった、詰将棋並みの「実戦の詰み」。詰将棋を数多く解くことで、このような筋は、一目で分かるようになる。

11手詰。10分で二段。

※手筋10、4、22使用。

第176問(10月21日出題)

持ち駒が、金銀ならやさしいが、あいにく斜めに利かない飛車。それでも、大駒三枚をうまく使って寄せ形を作る。

13手詰。10分で三段。

※手筋5、21、9使用。

第177問(10月28日出題)

非常によく出る端玉の詰みパターン。「知っている」だけで、実戦なら秒読みでも詰ませられるだろう。

13手詰。10分で二段。

※手筋5、1、4使用。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ