ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2002年4月分のやさしい「実戦の詰み」


第147問(4月1日出題)

ここからは、これと言った手筋も使わないが、強いて上げれば、「玉は下段に落とせ」の格言を実行する。但し、玉方もできるだけ抵抗するが。

5手詰。10分で6級。



第148問(4月8日出題)

二枚落ちから。今、8四玉と出てきたところ。盤面を広く見て、捕まえよう。

7手詰。10分で4級。

※手筋5、24使用。


第149問(4月15日出題)

次の一手が決め手だが、王手も少ないので見つけられるだろう。なお、手数を短くするため、図面をちょっと変えた。

7手詰。10分で5級。

※手筋5使用。

第150問(4月22日出題)

特に難しい手はないが、玉の逃げ方がたくさんあるので、一つ一つ確実に詰めておくこと。

7手詰。10分で5級。

※手筋22使用。

第151問(4月29日出題)

6四の角が良く利いているが、こういう場合の手筋を覚えて欲しい。「実戦の詰み手筋50」には一章を設けて説明している「これを知れば勝率アップの詰め手筋」だ。
5手詰。10分で6級。

※手筋34使用

今週の実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ