ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2002年9月分のやさしい「実戦の詰み」


第169問(9月2日出題)

玉を追い出したところだが、ここで、4三馬と1二飛の活用を計るには。

7手詰。10分で4級。

※手筋7、1使用。


第170問(9月9日出題)

4筋から5筋へ逃がさないように捕まえる。初手がポイント。

7手詰。10分で5級。

※手筋2使用。


第171問(9月16日出題)

前回の姉妹作で、手数も短いが、こちらの方が難しいと思う。やはり4筋から5筋へ逃がさないように捕まえる。

5手詰。10分で3級。

※手筋10使用。


第172問(9月23日出題)

上部への脱出を防ぎ、あと一歩のところ。8二玉から9三、8四と逃げられないこと。

5手詰。10分で6級。

※手筋13使用。

第173問(9月30日出題)

手数を短くするため、「実戦の詰み」を少し変更した。初手、どちらの銀をどこに捨てるかが問題。

7手詰。10分で5級。

※手筋4使用。

今週の実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ