ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2002年10月分のやさしい「実戦の詰み」


第174問(10月7日出題)

難しい箇所を過ぎ、後は追っていくだけの文字通りやさしい詰み。1枚、駒が余る。

7手詰。10分で6級。

※特に手筋もなし。

第175問(10月14日出題)

これも、それほど難しいところはないが、きちんと最長の詰みと変化を読み切ること。

7手詰。10分で4級。

※手筋22使用。

第176問(10月21日出題)

玉をつり出して、あと一歩のところ。打ち歩詰めに気をつけて攻めること。

7手詰。10分で5級。

※手筋9使用。

第177問(10月28日出題)

8二銀打に9二玉と引いたところ。こういう場合の攻め筋はいくつもない。なお、3手詰ではないので気をつけること。

5手詰。10分で5級。

※手筋4使用。

今週の実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ