ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2003年2月分「今週の実戦の詰み」


第191問(2月3日出題)

上部が厚いので、上へ追い出すのではなく、豊富な持ち駒を使って、囲いの中で捕まえる。なお、変化同手数だが、こちらももきちんと詰ませて欲しい。

13手詰。10分で二段。

※手筋10、4、22、1使用。

第192問(2月10日出題)

四段と初段の二枚落ちから。6一銀としばった手に対し、上手が、6四金と6三の金を桂の利きに上がって受けたところ。ここから難しい「実戦の詰み」が出現した(一切手を加えていない)。

11手詰。10分で三段。

※手筋4、42、12、変化に2使用。

第193問(2月17日出題)

物量攻めで詰みそうだが、二枚の角が良く利いている。この攻めをかいくぐって攻める。実戦だとかなり難しい。

9手詰。10分で二段。

※手筋10、35、22使用。

第194問(2月24日出題)

遠く3一の飛車、3五の角の利きに注意して、5筋6筋の駒を活用できるように攻める。

11手詰。10分で初段。

※手筋4を二回使用。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ