ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2003年7月分「今週の実戦の詰み」


第213問(7月7日出題)

先週の問題の一変化から作成。後手のうまい受け方にも注意すること。収束3手前に余詰め有り。

15手詰。10分で三段。

手筋10、40、4、35使用。

第214問(7月14日出題)

初手は、飛車か銀か桂か。手数は長いが、紛れは最初だけで、後半は追い詰め。なお、途中、手順前後が成立する。

17手詰。10分で二段。

手筋44、6、9使用。

第215問(7月21日出題)

今回も手筋連発で、きれいにまとめる。上部へ逃げられた時の用意もしておきたい。

15手詰。10分で二段。

手筋39、14、50使用。

第216問(7月28日出題)

実戦に非常に良く出る筋で、過去にもほとんど同じような問題があったと思う。

13手詰。10分で初段。

手筋1、5、4使用。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ