ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2003年9月分「今週の実戦の詰み」


第221問(9月1日出題)

両端にいる龍をどのように使うか。
玉方は最長手数になるよう受けるように。なお収束3手前に余詰めがある。

15手詰。10分で三段。

手筋4、1、18、14使用。

第222問(9月8日出題)

先日行われた王位戦の局面から創作。相手の受け方も考えてもらう。

19手詰。10分で三段。

手筋35、9、42、45使用。

第223問(9月15日出題)

ほとんど盤面が崩れているが、これも上と同じ王位戦の局面から作成。大道棋並みの受けの妙技に注意!

13手詰。10分で三段。

手筋18、42、5使用。

第224問(9月22日出題)

初手から3手目まではこれしかないが、その後が問題。なお、変化も同手数になる。

17手詰。10分で三段。

手筋4、44、40使用。

第225問(9月29日出題)

先週の問題の逆を持って(但し、多少修正)。紛れが少ないので、それほど難しくはない。

17手詰。10分で二段。

手筋4、6、4、5使用。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ