ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2003年7月分のやさしい「実戦の詰み」


第213問(7月7日出題)

余詰めを消すため、若干修正。6三の龍をどのように使うか。

7手詰。10分で4級。

※手筋4、35使用。

第214問(7月14日出題)

若干修正済み。金なら3三金で簡単だが、持ち駒は銀と桂。どこから王手するか。

7手詰。10分で5級。

※手筋6、9使用。

第215問(7月21日出題)

5三玉から4二、あるいは6四玉と逃げられないように。

5手詰。10分で5級。

※手筋50使用。

第216問(7月28日出題)

端玉の詰みに良く出るパターン。一目で、詰められるようになれば、勝率も上がる。

5手詰。10分で6級。

※手筋4使用。

今週の実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ