ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2003年9月分のやさしい「実戦の詰み」


第221問(9月1日出題)

2二まで逃げ込まれると容易に詰まないので気をつけなければならない。
なお、最終3手前の詰みは一つではない(余詰め有り)。

7手詰。10分で5級。

※手筋14使用。

第222問(9月8日出題)

打ち歩詰と玉を素抜かれないように注意して攻めること。


7手詰。10分で5級。

※手筋42、45使用。

第223問(9月15日出題)

遠く4七の角が、7四、8三の地点にまで利いている。逆王手にならないように注意。

7手詰。10分で4級。

※手筋42、5使用。

第224問(9月22日出題)

難しいところは、前半にあり、ここからは単純な追い詰め。最後まで読み切ること。

7手詰。10分で6級。

手筋40使用。

第225問(9月29日出題)

実戦だと、初段くらいでも、6一銀とか7五桂とか打つのを見ることがあり、もう一つ踏み込んで欲しいと思うことが良くある。

7手詰。10分で7級。

手筋5使用。

今週の実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ