ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2004年7月分「今週の実戦の詰み」


第265問(7月5日出題)

5三の馬と銀には触らぬように攻めたい。また7六金は質駒だが、うかつに取ると逆王手になる。

15手詰。10分で二段。

手筋5、3、5、18使用。

第266問(7月12日出題)

様々な開き王手があるため、最初は手が広い。1五馬の利きに注意して攻める。

11手詰。10分で二段。

手筋18、6、9使用。

第267問(7月19日出題)

手順そのものは、それほど難しくはない。いろいろな合駒を考えてもらう。

11手詰。10分で初段。

手筋4、18、44、4使用。

第268問(7月26日出題)

入り方にいろいろな攻め方があるが、後半は一直線。どのように寄せるか。

15手詰。10分で三段。

手筋41、2、40使用。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ