ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2004年11月分「今週の実戦の詰み」


第282問(11月1日出題)

中段玉だが、手順そのものは難しくない。ただ、玉が向かい合った形なので相手の最善の受けも考えること。

11手詰。10分で初段。

手筋18、42、9使用。

第283問(11月8日出題)

実際に出現した手順に、ちょっとした罠を仕掛けておいたので注意して攻めること。

15手詰。10分で三段。

手筋42、9、34使用。

第284問(11月15日出題)

手順そのものは難しくないが、玉方も最善の頑張りをするのですべて読み切るように。

13手詰。10分で初段。

手筋22、8、34使用。

第285問(11月22日出題)

作意手順は良くある手筋でやさしい。変化もきちんと読み切って欲しい。収束3手前に余詰めあり。

13手詰。10分で二段。

手筋2、4、10、変化に44、31使用。

第286問(11月29日出題)

6枚落ちから。実戦では(下手の棋力では)詰められないが、妙手順がある。後半は追い詰め。

17手詰。10分で三段。

手筋38、34、3使用。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ