ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2004年1月分のやさしい「実戦の詰み」


第239問(1月5日出題)

金駒が二枚あればやさしいが、あいにく一枚。なんとか盤上の駒で節約出来ないかを考える。

7手詰。10分で4級。

手筋4使用。

第240問(1月12日出題)

初手に手筋の一発で、詰み形を作る。その後の逃げ方も、すべて読み切ること。

7手詰。10分で5級。

手筋15使用。

第241問(1月19日出題)

9手とちょっと長いが、問題は、初手の一手だけ。4四玉と上がられた時、詰むようにしておかなければならない。

9手詰。10分で4級。

手筋26、22使用。

第242問(1月26日出題)

今回も9手と長いが、面倒なのは、相手の合駒を考えることだけ。丹念に読めば、詰みはやさしい。

9手詰。10分で4級。

手筋44、5使用。

今週の実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ