ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2004年3月分のやさしい「実戦の詰み」


第247問(3月1日出題)

初手は、8二の飛車を取る一手だが、龍で取るか角で取るか。そして、その時の両方の逃げ方を考えてもらおう。

5手詰。10分で5級。

手筋3又は38使用。

第248問(3月8日出題)

2四の角が上と下へ良く利いているので、この角の利きをなんとかしたい。

7手詰。10分で3級。

手筋28、9使用。

第249問(3月15日出題)

あと一枚、駒が足りないように見えるが、5五の角と7四の飛車を最大限に生かして攻める。

7手詰。10分で4級。

手筋4、11使用。

第250問(3月22日出題)

持ち駒が金なら2三金と打てば良いが、銀と桂しかない。この二枚をうまく使って。

7手詰。10分で5級。

手筋6、9使用。

第251問(3月29日出題)

やさしい7手詰。実戦に、しばしば登場する基本的な手筋の一着。

7手詰。10分で5級。

手筋22、4使用。

今週の実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ