ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2004年5月分のやさしい「実戦の詰み」


第256問(5月3日出題)

上部に追い出した時、捕まるような形で追いかける。6二の馬の利きにも注意。


7手詰。10分で4級。

手筋7、1使用。

第257問(5月10日出題)

広いようだが、持ち駒の飛車と2七飛できれいに捕まえる。


5手詰。10分で5級。

手筋14使用。

第258問(5月17日出題)

玉方の頑張りもきちんと読みの中に入れて、全て読み切って詰ますこと。


7手詰。10分で5級。

手筋4、1使用。

第259問(5月24日出題)

ここから先に難しいところはない。玉の逃げ方もすべて考えること。


7手詰。10分で5級。

手筋9使用。

第260問(5月31日出題)

持ち駒はないが、ここから後は追い詰めだ。きちんと最後まで読んで詰みを確認する。


7手詰。10分で6級。

手筋、特になし。

今週の実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ