ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2006年2月分「今週の実戦の詰み」


第347問(2月1日出題)

玉方の頑張りにどこから手をつけるか。なお、途中手順前後が成立する。

15手詰。10分で二段。

手筋18、6、9、5使用。

第348問(2月8日出題)

なんとしても上部脱出を阻止する。変化もちょっと難しい。

15手詰。10分で三段。

手筋1、4、7、4、10、変化に7、9使用。

第349問(2月15日出題)

7三の金をどのような形で取るか。途中に軽手一発。

13手詰。10分で二段。

手筋4を二回、40、22使用。

第350問(2月22日出題)

先日行われた王将戦第四局の投了局面から。と言ってもその局面は詰まないので、詰むように変更。収束3手前に余詰め。

17手詰。10分で三段。

手筋4、44、22、14使用。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ