ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2006年3月分「今週の実戦の詰み」


第351問(3月1日出題)

二枚落ちの終盤。妙手はないが、手の組み合わせが難しい。なお収束3手前に余詰め有り。

19手詰。10分で四段。

手筋22、4、3使用。

第352問(3月8日出題)

金駒一枚あればやさしいが、利きの分かりづらい駒で捕まえなければならない。

15手詰。10分で三段。

手筋5、24、38、5使用。

第353問(3月15日出題)

どの筋で追うかが問題。一旦詰み筋に入ってしまえばそれほど難しくはない。

17手詰。10分で二段。

手筋2、5、22、5使用。

第354問(3月22日出題)

紛れは少ないので一直線に行けるはず。検討に出てきた筋だが、実戦で詰められたら気持ちいい。

17手詰。10分で二段。

手筋5、1、22使用。

第355問(3月29日出題)

駒不足の感があり、どこから入るか難しい。玉方も最善に頑張る。

15手詰。10分で三段。

手筋22と4を何度も。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ