ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2006年5月分「今週の実戦の詰み」


第360問(5月3日出題)

金が一枚あれば簡単だが、持ち駒は銀香。盤上も駒もうまく使って。

13手詰。10分で二段。

手筋17、6、4、9使用。

第361問(5月10日出題)

斜め駒がなく、実戦ではあきらめてしまいそうだが。手筋を放って飛車を活躍させる。

13手詰。10分で二段。

手筋10と連続4を使用。

第362問(5月17日出題)

持ち駒は貧弱だが、盤面全体を良く見て広く使う。なお手順前後が成立する。

13手詰。10分で二段。

手筋5を数回と38使用。

第363問(5月24日出題)

二枚落ちから。下段にいる上手玉を仕留めるには一つの手段しかない。

13手詰。10分で三段。

手筋5、22、5使用。

第364問(5月31日出題)

似たような筋であっても、詰むのは一つだけ。なお、手順前後は成立する。

15手詰。10分で三段。

手筋25、2、25使用。

やさしい実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ