ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2006年3月分のやさしい「実戦の詰み」


第351問(3月1日出題)

余詰めをなくす為、若干修正。3一の馬をフル活用。

7手詰。10分で4級。

手筋4、3使用。

第352問(3月8日出題)

捕まえづらい駒で、浮遊玉を捕まえる。しっかり読みを入れて。

9手詰。10分で4級。

手筋24、38、5使用。

第353問(3月15日出題)

難しいところはない。利きを良く見て最後まで読み切って欲しい。

7手詰。10分で5級。

手筋5使用。

第354問(3月22日出題)

盤面全体を良く見て攻める。持ち駒がないので王手は限られている。

7手詰。10分で4級。

手筋5、1、22使用。

第355問(3月29日出題)

持ち駒はないので、盤上三枚の駒をうまく使うしかない。玉方の応手もすべて読むこと。

7手詰。10分で4級。

手筋4を二回。

今週の実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ