ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2006年5月分のやさしい「実戦の詰み」


第360問(5月3日出題)

若干短く修正。3二飛の活用を考えて攻める。8二にいるのは成銀。

7手詰。10分で4級。

手筋4、9使用。

第361問(5月10日出題)

9手とちょっと長いが、飛車と馬をなんとか使えるようにする。応手にも注意。

9手詰。10分で3級。

手筋4を連続で使用。

第362問(5月17日出題)

初手の王手は一つしかないので、事実上5手詰。盤面全体を良く見て。

7手詰。10分で4級。

手筋38使用。

第363問(5月24日出題)

持ち駒は二枚しかないので初手はこれしかない。なお7筋には歩が利かないので注意(歩は使わない)。

7手詰。10分で4級。

手筋5使用。

第364問(5月31日出題)

手筋を指す時でも勝手読みをしないように。


7手詰。10分で5級。

手筋1、25使用。

今週の実戦の詰みへ/解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ