ホームへ戻る/将棋スクールトップへ

実戦における「凌ぎの手筋」

ここでは、実際の対局や、実戦の詰みを作っていて生じた、「こうすれば受かっていた」と言う受けの好手を問題として、出題していこうと思います。

問題のレベルは、やさしいものから難しいものまで様々になると思われるので、難易度として、A(^^)・・・5級〜1級レベル、B(・・?)・・・初段〜三段レベル、C(>_<)・・・四段以上という風に分けて載せようと思っています。

また、問題そのものが、ほとんど発生しないので、更新は、問題が発生したつど載せることにします。
2003年
はじめに・・・級位者の人へ贈る受けの妙技
第1問(2003/10/03)難易度A(^^) 第2問(2003/10/03)難易度B(・・?) 第3問(2003/10/03)難易度C(>_<)
第4問(2004/03/19)難易度B(・・?) 第5問(2004/03/26)難易度C(>_<) 第6問(2004/03/26)難易度A(^^)
第7問(2004/04/01)難易度B(・・?) 第8問(2004/05/06)難易度B(・・?) 第9問(2004/12/02)難易度B(・・?)
第10問(2006/11/16)難易度B(・・?) 第11問(2008/01/03)難易度B(・・?)

ホームへ戻る/将棋スクールトップへ