ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2000年1月分の「実戦の詰み」


第31問(1月3日出題)

新年最初の問題は、筋悪な1一金を打った、コンピュータの対局から。

筋良く追っていけば、簡単に詰みますが、最後まで読み切れれば、10分で初、二段くらいあります。

図面
第32問(1月10日出題)

四段と二段の角落ち戦。

手筋の連続で、それほど難しくはないが、変化が多い。11手詰。

10分で二段くらい。

第33問(1月17日出題)

三段同士の平手戦。

途中で、やさしい手筋一発。
最長13手詰。

10分で初、二段。

第34問(1月24日出題)

収束部を修正したら、ちょっと長くなってしまった。
途中で、軽い手筋が入る。
やさしい15手詰。

(当然、駒を動かさず)読み切れれば10分で二段。

第35問(1月31日出題)

玉を4三から追い出したら、詰まなくなる。

変化が少ないので、あまり難しくはない。

13手詰。10分で初、二段。

解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ