ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2000年3月分の「実戦の詰み」


第40問(3月6日出題)

5日のNHK、森下−森戦を、ちょっと変更(実戦は8九の桂が7七にある)。そして、実戦は、6三銀で、後手の森投了でしたが、8五桂と飛べる形でないと、並べ詰みという訳にはいかない。

13手詰。10分で、二段。

第41問(3月13日出題)

斜めに利く駒はないが、こういう場合の手筋がある。
初手は、飛車か金か。

13手詰。10分で、初段。

第42問(3月20日出題)

今週はちょっと難しいかもしれない。
初手はどう入るか。
盤面全体を使って欲しい。

15手詰。10分で、三段くらい。

第43問(3月27日出題)

今週もちょっと難しい。
初手は、2六歩か2六銀か。
打ち歩詰めに注意。
なお、3三の駒は成銀。

15手詰。10分で三段。

解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ