ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2000年5月分の「実戦の詰み」


第48問(5月1日出題)

手数は、15手とちょっと長いが、その割にはやさしいと思う。
最初の数手が勝負。

15手詰。10分で、二段。

第49問(5月8日出題)

すばらしい妙手はないが、実戦に良く出てきそうな詰みの形。
最後まで読み切ること。

13手詰。10分で二段。

第50問(5月15日出題)

詰み形の入りが分かりづらく、ちょっと難しいかもしれない。
最長13手だが、変化手順11手の方がたぶん難しい。

13手詰。10分で三段。

第51問(5月22日出題)

久々六枚落ちからの出題。
詰みかどうか分からない実戦なら、相当の難問。

手数が分かっていても、その割には難しいと思う。

9手詰。10分で二段。

第52問(5月29日出題)

4一金と5一からの角を受けたが、この手は受けになっていなかった。

手数は長いが、変化がないので、それほど難しくはない。

15手詰。10分で二段。

解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ