ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2000年6月分の「実戦の詰み」


第53問(6月5日出題)

手筋から入り、あまり変化がなく、難しくはない。
ただ、駒がごちゃごちゃしているので、最後まで、ちゃんと読み切る必要がある。

15手詰。10分で二段。

第54問(6月12日出題)

実戦でも出る形。
ノーヒントで解いてもらいましょう。
収束部、いく通りかの詰みがあります。

11手詰。10分で初段(但しはまると時間が、かかるかも)。

第55問(6月19日出題)

これも、実戦に良く出るやさしい手筋の問題。
最長手数は、11手だが、変化手順の方がちょっと難しいので、そちらもちゃんと詰めること。

変化も読み切って、10分で初段。

第56問(6月26日出題)

寄せにくい中段玉、今、下から、二枚飛車で追い出した所。
駒をどうやって、手に入れて、詰ますかが問題。

13手詰。10分で二段。

解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ