ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

2000年9月分の「実戦の詰み」


第66問(9月4日出題)

初段同士の一戦。
やさしい詰みですが、すべての逃げ方をちゃんと読み切って下さい。


13手詰。10分で2級。

第67問(9月11日出題)

一見広い玉ですが、大駒の威力を存分に発揮して捕まえて下さい。
変化を面倒がらずに読むことも大切。

11手詰。10分で初段。

第68問(9月18日出題)

ちょっと易しすぎたかもしれない。
ノーヒントで、詰めて下さい。

11手詰。10分で3級。

第69問(9月25日出題)

ちょっと手数は長いが、それほど難しい手はなく、筋で詰む。ただ、きわどい紛れもあるので注意。

17手詰。作意はさほど難しくないが、紛れと、その手数の長さから、10分で三段くらい。

解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ