ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ

1999年9月分の「実戦の詰み」

図面
第14問(9月6日出題)

20秒将棋から。

実戦の詰みに頻繁に出てくる手筋。
易しいので、頭の中だけで考えてみて下さい。
10分で2〜3級。

図面
第15問(9月13日出題)

有段者同士の平手戦。

詰ますために、実戦に良く出てくる詰み手筋があります。
易しい9手詰。なお、6七にいるのは成桂。

10分で3〜4級。
図面
第16問(9月20日出題)

三段と初段の飛香落ち。

広い王様をどう寄せるか。途中、良く出る手筋が出てきます。
ちょっと難しい15手詰。

10分で二〜三段。
図面
第17問(9月27日出題)

「打ち歩に詰みあり」と言われるように、ある変化が打ち歩詰めになる場合、別の詰み筋があることが結構多いものです。
11手詰。

10分で初段くらい。

解答を見る

ホームへ戻る/今週の実戦の詰み表紙へ