ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ

2000年2月分のやさしい「実戦の詰み」


第36問(2月7日出題)

王手はいろいろできるが、玉を逃がさないようにするには、この一手ともいうべき手がある。


やさしい5手詰。10分で9級。

第37問(2月14日出題)

打ち歩詰めの問題。
1七銀・1五玉に、1六歩とは、打てません。これをどうやって、回避するか。
「打ち歩詰めに、詰みの余地有り」です。

5手詰。10分で7級。

第38問(2月21日出題)

初手は、香車をどこから打つか。

打ち歩詰めに注意して、詰みまで読みきって下さい。

5手詰。10分で7級。

第39問(2月28日出題)

初手は、角成か9五歩か?
成るとしたらどこへ成るか。

トドメは桂で。

5手詰。10分で8級。

解答を見る

ホームへ戻る/今週のやさしい詰み表紙へ