将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2017年 今日の「やさしい実戦の詰み」


第134問(12月4日出題)

12月3日NHK杯(豊島-佐藤和俊戦)の終盤から作成。
手数を9手と長くしたが、それほど難しい手はない。ただ、正確に読みを入れないと、打ち歩詰や駒が足りなくなるので注意。

9手詰。10分で2級。

第135問(12月11日出題)

12月10日NHK杯(稲葉-藤井聡太戦)の終盤から詰むように修正。さらに「実戦の詰み」の変化部分を修正。

遠く7八の馬が利いているが、いきなり飛び込んで良いものかどうか。

7手詰。10分で3級。

解答を見る/実戦の詰みへ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ