将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2018年 今日の「実戦の詰み」


第154問(5月7日出題)

5月6日NHK杯(上野五段-松尾八段戦)の終盤の詰み局面(先後逆)。収束3手前に余詰めはあるがそのまま出題。難しい手もないので、きれいに読み切って欲しい。

17手詰。10分で二段。

第155問(5月21日出題)

5月20日NHK杯(杉本和陽四段-斎藤慎太郎七段戦)の終盤の詰み局面。ここから先手は詰みを逃して逆転したが、変化紛れが多く難解。収束5手前に余詰めはあるがそのまま出題している。

21手詰。10分で五段。

解答を見る/やさしい実戦の詰みへ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ