将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2018年 今日の「やさしい実戦の詰み」


第138問(1月5日出題)

2018年最初の問題は飯能将棋センターのリレーからソフトが指摘した手順。
難しいところは過ぎ、後は見落としのないよう仕留めるのみ。盤面全体を見て、手拍子で指さないこと。

5手詰。10分で6級。

第139問(1月16日出題)

こちらもリレー将棋から作成。
4二に金を打ち、同銀となったところで、そうなれば次の手順はこれしかない。
少し長く、受けもいろいろあるが、紛れはないので丁寧に全部読む。

9手詰。10分で2級。

解答を見る/実戦の詰みへ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ