ホームへ戻る/寄せと受け表紙へ戻る
終盤の寄せと受けの問題集



   
第11問(難易度A)

すでに先手どうやっても勝ちですが、ここは、きれいに決めて下さい。
                               
解答を見る



   
第12問(難易度A)

三段(手前)と五段の角落です。

銀損になっていますが、駒が急所に利いていますので、なにか手がありそうな所です。

長引けば、駒損がひびいてきます。


解答を見る



   
第13問(難易度B)

四段同士の平手戦。

ななめの駒さえ渡さずに、必死をかければいいわけです。
実戦は、2一飛・4一角・4二と・6二玉・3二と、と進み先手必勝になりましたが、駒をぼろぼろ取るのではなく(それでも勝ちですが)、きれいな必死をかけて下さい。

※即詰みもあります(00/07/17記)。
解答を見る



   
第14問(難易度B)

三段同士の平手戦

後手が、7六竜としたところです。

次は一手で詰みますので、受けるか、詰めてしまうかしなければなりません。
さて、どうしますか?
解答を見



   
第15問(難易度C)

私(手前)とフチ五段の平手戦

王手がかかっています。

同玉と取るか、3九玉と引くか二者択一です。
このうち、一方は詰み、もう一方は詰みません。さてちゃんと詰まない方へ逃げて下さい


解答を見る



   
第16問(難易度C)

五段(手前)と四段の平手戦

現在の所、自玉はゼ(絶対に詰まない)ですが、7七香成が入るとあっという間に必死がかかります。


最後まで、読み切って寄せきって下さい。
解答を見る



   
第17問(難易度A)

三段同士の平手戦です。

今、7八銀と王手をかけられました。

逃げる場所は二カ所。9七玉とするか、7七玉とするかです。この場合も、片方は詰み、もう一方は詰みません。

詰まない方へ逃げて下さい。
解答を見る



   
第18問(難易度A)

三段同士の平手戦。

6一飛・5一香に、7七銀と手を戻しても勝てそうですが、あまりはっきりとはしていません。
ここでははっきりとした、勝ちを見つけて下さい。

解答を見る



   
第19問(難易度B)

三段(手前)と初段の飛香落です。

先手玉は一手詰(5七金)です。
したがって、詰めてしまうか、しっかりと受けるか、詰めよ逃れの詰めよをかけるかです。

はっきりした勝ちを見つけて下さい。
解答を見る



   
第20問(難易度B)

二段(手前)と三段の平手戦です。

後手の必勝形だったのが、不用意に打った3九飛のため、いっぺんに分からなくなりました。すなわち、7四桂に、王手飛車をさけるため9二玉と寄ったところです。

ここでは、先手に決め手があります。
それを見つけて下さい。
解答を見る




ホームへ戻る/寄せと受け表紙へ戻る