将 棋 タ ウ ン 掲 示 板
  • マナーを守って楽しく使って下さい。
  • ヒマがあったら、掲示板使用についてもご覧下さい。
  • タグは使えません。また、半角カナは一切使用しないで下さい。文字化けの原因となります。
  • おなまえとコメントのみ必須です。コメント中にURLを入れる場合は、ttp://として下さい。
  • パスワードを入れておけば、ご自分のコメントの削除と修正ができます。

[ホームへ戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[3294] Re:[3293] 短編詰将棋 投稿者:管理人 投稿日:2019/03/09(Sat) 10:29  

投稿有難うございます。

実戦を詰将棋にしてしまうとどうしても紛れが少なくなる分やさしくなります。
今回も手数はそこそこ長いですが、やさしい詰将棋です。
下の私が実戦の詰みにした[3284]と同じ位の難易度でしょうか。

19手詰。10分で初〜二段。
もし不要な駒が散りばめられている元の実戦なら10分で三段ということ
になるかもしれません。
解答は後日。


[3293] 短編詰将棋 投稿者:ヨッシー 投稿日:2019/03/08(Fri) 18:25  

皆様、一週間ぶりです。ヨッシーです。最近ハイペースだと自分でも思いますがお許しください。
さて、今回もイリスさんが私の実戦を元に詰将棋を作成してくださいました。手数は詰パラ(詰将棋パラダイス)で言うと短編に入る部類だと思いますが、なかなか複雑で楽しめる好作だと思っています。
紛れもそこそこ入っており楽しめると思いますので、是非ご賞味ください。
いつも申し訳ないのですが、解答・解説は管理人様にお任せしてよろしいでしょうか?(汗

後手の持駒:角 金二 銀二 桂二 香三 歩十一 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| と ・ ・ ・v金v玉v銀 ・v飛|一
| ・ ・ ・ ・v香 ・ ・ ・ ・|二
| ・ とv歩v歩v歩v歩 銀 金 ・|三
| ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・|四
| ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩 

※イリスさんには、ここでの公開の許可をいただいております。


[3292] NHK杯 投稿者: 投稿日:2019/03/06(Wed) 17:27  

NHK杯のベスト4が丸山、羽生、森内、郷田ですね。丸山―羽生戦は終わりましたが、タイムスリップしたような気になります。決勝が羽生―森内だったりすると、昔の記憶がよみがえりますねえ。


[3291] [3283][3284]の「実戦の詰み」解答 投稿者:管理人 投稿日:2019/03/04(Mon) 09:17  

[3283]の後手玉の詰みの解答
▲4一金△同玉▲5一飛△4二玉▲5四桂△同歩▲5三角まで7手詰。

△3一玉から△2二玉となると何枚あっても詰まない形になってしまう為、
▲4一金と捨て▲5一飛と打ちます。そして▲5四桂の歩頭桂。
これで空間を作りそこに駒を打ち込めば詰み。

このような筋(▲4一金〜▲5一飛)は、やさしい詰将棋にも実戦にも
良く出てきますので、ひと目で見えるようになりましょう。
また歩頭桂も非常に良く出てくる詰みの手筋です。

[3283]の先手玉の詰みの解答

△6九角▲5九玉△6八銀▲同玉△7八角成▲5八玉△6九馬まで7手詰。

こちらは△6九角と打ち、▲5九玉に△6八銀とここに捨てるのが好手です。
△5八銀から精算してしまうのは駒が足りなくなります。
▲6八同玉には△7八角成と成り返って詰み。

なお、後手の持ち駒の角を金に変えると、もう一つ「やさしい実戦の詰み」が出来ます。
すなわち、△4六桂▲同歩△4七銀▲6八玉△7八金▲5九玉△6九とまで7手詰。

△4六桂も歩頭桂。空間を作る為の捨て駒ですね。

ちなみに、角銀桂の時の詰みでは桂は不要。こうした不要な駒でも持っていると△4六桂
とか考えてしまい、もし打ってしまうと、▲6八玉で詰まなくなります。
詰将棋には不要な持ち駒はありませんが、実戦ゆえの紛れでこの部分に関しては
かえって難しくなります。

[3284]の詰将棋解答

▲4一金△5二玉▲7四角△6一玉▲5一飛△7二玉▲6四桂△8二玉▲9一飛成
△同玉▲9三香△8二玉▲9二香成△7一玉▲7二歩△6二玉▲5二角成まで17手詰。

▲4一金に△同玉は▲5一飛から同じ筋。△5二玉と逃げますが、上がられては詰まないし、
▲6二飛は△4一玉でこれもダメですので、角を打つ一手。

この問題で、唯一の変化と紛れは、6手目の△6二玉を詰ますということと、
7手目の▲6四桂で▲5二飛成の紛れがあるということくらいです。

△6二玉は▲5二飛成から▲8三桂。また、△7二玉に▲5二飛成は△6二金で詰みません。
ただこの後も、▲6四桂△8一玉に▲6三角成という強襲があるだけに、ここに読みを入れた
人はちょっと時間がかかったかもしれません。

これが唯一の紛れで、(▲5二飛成ではなく)▲6四桂を先に読んでしまえば、後は一直線。
やさしい17手詰だったな、ということになるでしょう。


[3290] お知らせ 投稿者:squall 投稿日:2019/03/02(Sat) 11:22  

僕はこの掲示板で藤井君の応援をしようと思っていたのですが、中には藤井君が勝つことを良くないと思っている人もいるみたいなので、ここで藤井君の応援をするのをやめることにします。
僕は陰ながら藤井君を応援することにします。


[3289] Re:[3288] [3287] [3284] [3283] やさしい実戦の詰み 投稿者:ヨッシー 投稿日:2019/03/01(Fri) 11:53  

> 今回はやさしいのでほぼ解答だけになると思いますが、後日私が簡単な解説と一緒に書きましょう。
>
> ところで、余詰めについて、ですが、過去私がいろいろ指摘していたような気がしていたので、
> 掲示板を遡ってみたところ、去年の4月頃にヨッシーさんから投稿された局面で問題にしていますね。
> さらにその少し前にも。たぶん、その頃から余詰めについてより一層注意するようになったのかな、
> と思います。
>
> 余詰めの話をし始めると、それだけで「ミニ感想」が2〜3枚書けてしまうほど内容は多いので
> ここでは触れません。
>
> ただ、私は個人的には「初手三通り、どれでも正解!三手目も三通り、どれも正解!」
> という実戦の詰みを解く気にはならないでしょう。
> ですので、大きな余詰めを消して出題しているのは、解く人目線からの理由によります。
>
> 大きな余詰めも小さな余詰めもキズも可能ならすべて消して出題したいのですが、
> 実際は修正時間と実戦的な局面の自然さなどと比較して妥協しています。
>
> たとえば今回の「やさしい実戦の詰み」も、詰将棋的には(柿木ソフトにかけると)余詰めがあります。
> それはつまり、「5手目の意味のない龍の王手」です。実戦の詰みによく生じる余詰めで、
> 「今日の実戦の詰み」に載せる時にはこうした手も(基本的には)消しています。
> ただ、これは実戦にありがちな「小さな余詰め」と思っていますので、今回はこの余詰め
> の話が出なければスルーするつもりでいました。

管理人様、大変助かります。ありがとうございます。
小さな余詰めがあったのですね・・・こういった余詰めは手数延ばしの無駄合いと同じようなものだと見なしてました・・・ 次投稿する時から、そこも考慮に入れて確認します。ありがとうございます。


[3288] Re:[3287] [3284] [3283] やさしい実戦の詰み 投稿者:管理人 投稿日:2019/03/01(Fri) 06:34  

今回はやさしいのでほぼ解答だけになると思いますが、後日私が簡単な解説と一緒に書きましょう。

ところで、余詰めについて、ですが、過去私がいろいろ指摘していたような気がしていたので、
掲示板を遡ってみたところ、去年の4月頃にヨッシーさんから投稿された局面で問題にしていますね。
さらにその少し前にも。たぶん、その頃から余詰めについてより一層注意するようになったのかな、
と思います。

余詰めの話をし始めると、それだけで「ミニ感想」が2〜3枚書けてしまうほど内容は多いので
ここでは触れません。

ただ、私は個人的には「初手三通り、どれでも正解!三手目も三通り、どれも正解!」
という実戦の詰みを解く気にはならないでしょう。
ですので、大きな余詰めを消して出題しているのは、解く人目線からの理由によります。

大きな余詰めも小さな余詰めもキズも可能ならすべて消して出題したいのですが、
実際は修正時間と実戦的な局面の自然さなどと比較して妥協しています。

たとえば今回の「やさしい実戦の詰み」も、詰将棋的には(柿木ソフトにかけると)余詰めがあります。
それはつまり、「5手目の意味のない龍の王手」です。実戦の詰みによく生じる余詰めで、
「今日の実戦の詰み」に載せる時にはこうした手も(基本的には)消しています。
ただ、これは実戦にありがちな「小さな余詰め」と思っていますので、今回はこの余詰め
の話が出なければスルーするつもりでいました。


[3287] Re:[3284] [3283] やさしい実戦の詰み 投稿者:ヨッシー 投稿日:2019/02/28(Thu) 12:36  

> 投稿有難うございます。良い問題ですね。
> ちなみに、先手玉も余詰めなしの7手詰。
> つまり先手の手番で後手玉の詰みは10分で4級、
> 後手の手番でも先手玉の詰みは10分で5級、と言った感じです。
>
> さらにここからちょっと考えて、普通の「実戦に詰み」にしてみました。
>
> 後手の持駒:飛 角 金 銀二 歩 
> 9 8 7 6 5 4 3 2 1
> +---------------------------+
> |v香 ・ ・ 圭 ・ ・ ・v桂v香|一
> | ・ ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・|二
> | ・ ・v桂 ・v歩v歩v銀 ・v歩|三
> |v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
> | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
> | ・ 歩vと ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
> | 歩 ・ ・ 歩 歩 歩vと ・ 歩|七
> | ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・|八
> | 香 ・ ・ ・ ・ 金 銀 ・ 香|九
> +---------------------------+
> 先手の持駒:飛 角 金 桂 歩三 
>
> やさしい17手詰です。10分で初〜二段と言ったところでしょうか。

管理人様、早速改良ありがとうございます。早速解かせていただきます。なかなか面白そうな問題でワクワクします。
後、書いてなかったのですが、解答・解説はどうしましょうか?私がやると解説できるだけの棋力がないので解答だけの非常に短い文になってしまうのですが・・・


[3286] Re:[3285] 実戦詰将棋 投稿者:ヨッシー 投稿日:2019/02/28(Thu) 12:28  

> この掲示板では実戦詰将棋で余詰めの話が出てきますが、余詰めがあるのはまずいのですか?
>
> 駒余りはOKですよね、実戦で現われた詰みには作意はないですよね。
> そういう基本部分から考えると、何通りかの詰み手順があったとしても問題ないようにも思うのですが。

ご意見ありがとうございます。六夢様の仰る通り確かに問題ないと思います。余詰め確認していただいてから出しているのは、私個人の考え方の問題なのですが、人様の前に出す以上はできるだけ綺麗な形で出したいと思っているからです。
もちろん、他の考え方もあるでしょうし、その考え方を否定するつもりは毛頭ありませんが、人前に出す以上はできるだけ綺麗な状態にしてから出すために、自分でできる手は打っておこうとしてやってるものなので、個人的にやってることです。余詰めがある実戦詰将棋は載せてはダメとかそういう意図でやってるわけではないので釈明させてください。
後、誤解を招いてしまったことをお詫び申し上げますm(__)m


[3285] 実戦詰将棋 投稿者:六夢 投稿日:2019/02/28(Thu) 11:35  

この掲示板では実戦詰将棋で余詰めの話が出てきますが、余詰めがあるのはまずいのですか?

駒余りはOKですよね、実戦で現われた詰みには作意はないですよね。
そういう基本部分から考えると、何通りかの詰み手順があったとしても問題ないようにも思うのですが。


[3284] Re:[3283] やさしい実戦の詰み 投稿者:管理人 投稿日:2019/02/28(Thu) 11:12  

投稿有難うございます。良い問題ですね。
ちなみに、先手玉も余詰めなしの7手詰。
つまり先手の手番で後手玉の詰みは10分で4級、
後手の手番でも先手玉の詰みは10分で5級、と言った感じです。

さらにここからちょっと考えて、普通の「実戦に詰み」にしてみました。

後手の持駒:飛 角 金 銀二 歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ 圭 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩v歩v銀 ・v歩|三
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 歩vと ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩vと ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 金 銀 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 金 桂 歩三 

やさしい17手詰です。10分で初〜二段と言ったところでしょうか。


[3283] やさしい実戦の詰み 投稿者:ヨッシー 投稿日:2019/02/27(Wed) 10:40  

前回の投稿より時間をさして開けずに投稿してしまい申し訳ありません。
ヨッシーです。

今回は私の実戦であまりにもピッタリすぎる実戦詰将棋が出現したので、投稿させていただきました。
今回の詰みは実戦そのままで級位者向きのいい局面ができたと思います。なお、イリスさんにも余詰め確認していただき、余詰めはないとのお墨付きをいただいております。
最近長手数続きだったので、軽食としてどうぞご賞味ください。

後手の持駒:角 銀 桂 歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 龍v銀 圭 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩v銀 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩v金 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・vと ・ ・ 金 銀 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 金 桂 歩四


[3282] [3271] の詰将棋解答 投稿者:管理人 投稿日:2019/02/18(Mon) 08:51  

今回もこの詰将棋を頭の中で読み進めた手順を簡単に書いていきます。(ちょっと長いです)

まず入り方は、銀成りから▲2二金の送りの手筋しかありません。
そこで6手目△1三玉までは絶対。さすがにここまではひと目。
この時、持ち駒の入れ替えはありますが、角金銀の三枚。これを明確に描ければ6級(位としておきます)。

しかしこの後の攻め方が難しい。
▲2二銀〜▲3三銀不成〜3五に捨てて▲3三龍という筋が一つ目。
▲4六角(▲3五角)と上から打ち、△2四歩に▲2二銀と打つのが二つ目の筋。
しかし、この二つ目の筋はすぐ行き詰まるので、一つ目の筋だろうとは分かります。
ここでちょっと難しいのは、▲2二銀と打って△2四玉に▲4六角と打つ手順。
△3三の歩を取ってしまうと、△3五歩と歩の合駒が生じてしまうというわけですね。
さらに▲4六角に△3五香という合駒も問題で、▲3三銀不成△同桂▲3五角に△3四玉も
考えなければいけません。これが結構難しい(▲4四金の発見が必要)。
しかも、この辺りを完全に解決しないまま(つまり、持ち駒が金桂桂歩か、金桂香歩のどちらかと
思いながら)15手目以降の龍で追いかける手順に入ることになります。
香の場合は数手だけ早く詰むことになりそうですが、同じように逆の逃げ方も読む必要があるため
かなり大変な読みの量になります。

実は私も最初図面を見て考え始めた時、少し考えてすぐ竜追いまで行ったものの、
これが正解なのかどうか微妙な上、常に戻る変化も考えなければならず、
最初の図面だけでは明快に局面を捉えられませんでした。
ですので、17手前後まで読み進められればもうアマ三、四段と言って良いでしょう。

この戻る変化(▲5三龍に△4五玉、▲6三龍に△5五玉)、手数は短いのですが、
それぞれ微妙に筋が違い、頭の中だけでしっかり詰めるには、詰将棋で鍛えておく
必要があります。

ここを通り過ぎ、22手目△7五玉までくればあと少しです。
手数こそ41手ですが、難易度はここまでの23手詰でもほとんど変わりません。
△8六玉から七段目に入られてはダメですので、竜を引くか金を打つかの二択。
金から桂で入玉を阻止することに気づけば残りは収束まで一直線。

手数は41手で以前のもの(3251の詰将棋)より若干短く、内容もそれほど難しい手はありません。
しかしそれでも総合的に考えると「30分でアマ四段」と同じ設定にしておきたいと思います。

と言うのも手自体はやさしいのですが、やはり合駒が出てくる上に中段玉で脳内将棋盤で
解くにはこちらの方がむしろ難しいからです。
逆に駒を動かしながら解くのであればこの方がやさしく感じるかもしれません。
駒を動かして考えれば、初段くらいでも解けると思いますので、挑戦して見て下さい。

解答
▲4二銀成△同銀▲2二金△同玉▲4二飛成△1三玉▲2二銀△2四玉▲4六角△3五桂
▲3三銀不成△同桂▲3五角△同玉▲3三龍△4五玉▲4三龍△5五玉▲5三龍△6五玉
▲6三龍△7五玉▲7六金△8四玉▲9六桂△9四玉▲9五歩△同玉▲6五龍△9四玉
▲8五龍△9三玉▲8四龍△9二玉▲9三歩△9一玉▲8三桂△8二玉▲7一桂成△同玉▲8一飛
まで41手詰


[3281] 藤井君優勝 投稿者:squall 投稿日:2019/02/16(Sat) 16:55  

藤井君が朝日杯で優勝しました。
おめでとうございます。
おつかれさまでした。
これからの活躍も期待しています。


[3280] Re:[3279] [3277] [3276] [3271] 長手数詰将棋 投稿者:ヨッシー 投稿日:2019/02/13(Wed) 10:18  

> すみません、改めて投稿有難うございました。
> 解答と解説は来週書く予定にしておきます。
>
> 実は昨日、ちょっと考えた際、合駒も出てくるし、中段玉での変化も
> 多いので「めんどくさー!駒動かさないと分かりそうもない!」と
> 週末に駒を出した際考えて見ようと思っていました。
> しかし、昨夜図面を覚えて寝ながら考えていたら解けました。
>
> 昨日、「今回の方が難しそう」と書きましたが、人によっては
> 前回の方が時間がかかるかもしれません。
> と言うことで前言撤回し、同じ位の難易度としておきます。
>
> ちなみに、ちょっと気になったのですが「とある趣向」って何でしょうか?

解説はできる自信がないので助かります。管理人様ありがとうございます。
私は前回が難しく感じたので、あれ?と思ってしまいました(汗
とある趣向というのは竜追いですね。実戦でミニ竜追いが出てきて、それは是非入れて欲しいとお願いしたら入れてくださいました。


[3279] Re:[3277] [3276] [3271] 長手数詰将棋 投稿者:管理人 投稿日:2019/02/13(Wed) 09:40  

すみません、改めて投稿有難うございました。
解答と解説は来週書く予定にしておきます。

実は昨日、ちょっと考えた際、合駒も出てくるし、中段玉での変化も
多いので「めんどくさー!駒動かさないと分かりそうもない!」と
週末に駒を出した際考えて見ようと思っていました。
しかし、昨夜図面を覚えて寝ながら考えていたら解けました。

昨日、「今回の方が難しそう」と書きましたが、人によっては
前回の方が時間がかかるかもしれません。
と言うことで前言撤回し、同じ位の難易度としておきます。

ちなみに、ちょっと気になったのですが「とある趣向」って何でしょうか?


[3278] がんばれ藤井君 投稿者:squall 投稿日:2019/02/13(Wed) 07:59  

もうすぐ朝日杯のベスト4と決勝がありますが、僕は藤井君の連覇を期待しています。
藤井君がんばれ!!


[3277] Re:[3276] [3271] 長手数詰将棋 投稿者:ヨッシー 投稿日:2019/02/12(Tue) 18:01  

難易度はこちらの方が上でしたか(汗
入っているギミックなどを事前に把握していたので、ある程度スイスイ行けてしまったのが原因でしょうか(汗
失礼しました。
答えについては1週間くらい時間をおいてから発表しようと思っていますが、こちらの方で発表してしまいますかね?(解説できる程の棋力がないので、解説は遠慮させてください 汗)

後、詰将棋作家様から名前を出していいとの許可をいただきましたので、名前を銘記させていただきます。

前回の詰将棋及び今回の詰将棋の作成者は「いりす」さんとなります。今まで上げた詰将棋の余詰め検討をしていただいた方でもあります。ツイッター上で作品を発表しているので、ツイッターをお使いになる方は是非ご覧になってください。


[3276] Re:[3271] 長手数詰将棋 投稿者:管理人 投稿日:2019/02/12(Tue) 15:32  

今回の方が難しそうですね。

中段玉での変化と紛れが多い為、時間をかけて考えるか
駒を動かすかしないと詰めるのが大変そうです。

もしなら解答も書いてもらって構いません。
私は今週はちょっと考えている時間がないので。


[3275] Re:[3274] [3273] [3272] [3271] 長手数詰将棋 投稿者:ヨッシー 投稿日:2019/02/12(Tue) 12:31  

>
> >少し時間が経ってからとなりますが、ツイッターのハンドルネームを出しましょうか?
>
> あくまで私はですが、ハンドルネームを出す出さないにはこだわりませんので、そこは気を使わないで下さい。
>
>
>
> 作者が、作ったのは誰なのかを明記することをあえて掲載条件としているのに、
> あえて誰なのかを伏せた紹介の仕方をしているように映り、
> 明記を条件とするくらいならオブラードに包んだ紹介は不自然だし、
> オブラードに包むのなら作者を明記するというような条件は出さないだろうし、
> 自分の中ではそのあたりがよくわからなかったものですから。
>
>

ご助言ありがとうございます。確かに仰る通り分かりづらいですね。私でも誤解を与える表現だと思ったので、その詰将棋作家様の許可をいただいてから、この将棋タウンの掲示板でも名前を出させていただこうと思います。
六夢さん、ありがとうございます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149]

処理 記事No 暗証キー
- KENT - Modified by isso