将 棋 タ ウ ン 掲 示 板
  • マナーを守って楽しく使って下さい。
  • ヒマがあったら、掲示板使用についてもご覧下さい。
  • タグは使えません。また、半角カナは一切使用しないで下さい。文字化けの原因となります。
  • おなまえとコメントのみ必須です。コメント中にURLを入れる場合は、ttp://として下さい。
  • パスワードを入れておけば、ご自分のコメントの削除と修正ができます。

[ホームへ戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[3268] 新年 投稿者:管理人 投稿日:2019/01/02(Wed) 10:49  

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。


[3267] Re:[3263] 対振り飛車に対しての戦法について 投稿者:六夢 投稿日:2018/12/30(Sun) 08:46  

> 対振り飛車戦に対しての急戦策はもうプロの対戦ではほとんど見れなくなり居飛車側は穴熊や銀冠が多いと思うのですが私も初心者のころはそれなりに勝てていたのですがだんだん相手が強くなると玉の安全度が響いて負けがちです。そうなればやはり玉の硬い穴熊などを採用したほうがいいのでしょうか?それとも急戦策でもっと力をつけるほうがいいのでしょうか?好みとしては長くやってきた急戦策を好みますが。よろしくアドバイスお願いします。


同じ棋力ならば居飛車急戦よりも居飛車穴熊を目指した方が勝率は高くなると思います。

居飛車急戦、居飛車穴熊それぞれに戦い方があり、居飛車急戦の方が力がつきやすいということはないと思います。

戦法選択は、単に勝ちやすいだけではなく色々と重視するものがあってのことであり、
重視するものは人それぞれに異なるわけですから、一概にこうだとはいえないでしょう。



[3266] Re:[3263] 対振り飛車に対しての戦法について 投稿者:ヨッシー 投稿日:2018/12/29(Sat) 12:56  

> 対振り飛車戦に対しての急戦策はもうプロの対戦ではほとんど見れなくなり居飛車側は穴熊や銀冠が多いと思うのですが私も初心者のころはそれなりに勝てていたのですがだんだん相手が強くなると玉の安全度が響いて負けがちです。そうなればやはり玉の硬い穴熊などを採用したほうがいいのでしょうか?それとも急戦策でもっと力をつけるほうがいいのでしょうか?好みとしては長くやってきた急戦策を好みますが。よろしくアドバイスお願いします。

少し厳しいことを申し上げますと、「アマチュアなら」急戦でも持久戦でも将棋というものは結局は終盤が強い方が勝つので、自分の好きな方を選べばいいと思います。むしろ詰将棋や必死問題、寄せの手筋をしっかり勉強していけば、どちらでも勝ちやすいと思います。
アマチュアはプロと違って将棋でお金を稼いでるわけではないのですから、楽しめればそれでいいと私は思っています。
急戦は攻めが決まればこれほど楽しい戦法はないと思いますし、持久戦無理気味な攻めが通用しやすいのが長所だと思いますので(駆け引きが難しいという意見がありますが、私はそこは違うと思います。固めて無理気味な攻めを通しやすいのはむしろ持久戦だと思っています。急戦は攻めの主導権は握れますが、反撃が厳しいので、むしろ繊細な終盤力が必要になりそうだと思います)
そういった長所・短所を踏まえて、お好きな方を選べばいいのではないでしょうか?


[3265] Re:[3262] [3261] [3260] [3259] 質問 駒落ちの持将棋について 投稿者:squall 投稿日:2018/12/28(Fri) 15:12  

> 駒落ちについても将棋連盟のサイトに載っています。
> 下記アドレスの「持将棋の規定はどうなっていますか。」という項目です。
>
> ttps://www.shogi.or.jp/faq/rules/
>
> アマチュアの場合は、将棋道場によって違うと思われます。
> 入間将棋センターとしてやっていた時、最初だけ「上手勝ち」に
> していましたが、トライルールを知ってからはこれを採用しています。
> 現在も、飯能将棋センターとしては、このトライルールを採用し
> ておりほとんど問題は起きていません。

管理人さん、回答ありがとうございます。
日本将棋連盟の持将棋のルールを読みました。
駒落ちの場合は、上手に落としている駒があると仮定して、点数計算をするんですね。


[3264] Re:[3263] 対振り飛車に対しての戦法について 投稿者:squall 投稿日:2018/12/28(Fri) 15:06  

> 対振り飛車戦に対しての急戦策はもうプロの対戦ではほとんど見れなくなり居飛車側は穴熊や銀冠が多いと思うのですが私も初心者のころはそれなりに勝てていたのですがだんだん相手が強くなると玉の安全度が響いて負けがちです。そうなればやはり玉の硬い穴熊などを採用したほうがいいのでしょうか?それとも急戦策でもっと力をつけるほうがいいのでしょうか?好みとしては長くやってきた急戦策を好みますが。よろしくアドバイスお願いします。

基本的には、対振り飛車には急戦で戦えばいいと思います。
居飛車持久戦は、駆け引きがとても難しいように僕は思います。
居飛車急戦だと、局面にもよりますがだいたい居飛車側が主導権を握れるように思うので、急戦をおすすめします。


[3263] 対振り飛車に対しての戦法について 投稿者: 投稿日:2018/12/28(Fri) 12:17  

対振り飛車戦に対しての急戦策はもうプロの対戦ではほとんど見れなくなり居飛車側は穴熊や銀冠が多いと思うのですが私も初心者のころはそれなりに勝てていたのですがだんだん相手が強くなると玉の安全度が響いて負けがちです。そうなればやはり玉の硬い穴熊などを採用したほうがいいのでしょうか?それとも急戦策でもっと力をつけるほうがいいのでしょうか?好みとしては長くやってきた急戦策を好みますが。よろしくアドバイスお願いします。


[3262] Re:[3261] [3260] [3259] 質問 駒落ちの持将棋について 投稿者:管理人 投稿日:2018/12/27(Thu) 09:52  

駒落ちについても将棋連盟のサイトに載っています。
下記アドレスの「持将棋の規定はどうなっていますか。」という項目です。

ttps://www.shogi.or.jp/faq/rules/

アマチュアの場合は、将棋道場によって違うと思われます。
入間将棋センターとしてやっていた時、最初だけ「上手勝ち」に
していましたが、トライルールを知ってからはこれを採用しています。
現在も、飯能将棋センターとしては、このトライルールを採用し
ておりほとんど問題は起きていません。


[3261] Re:[3260] [3259] 質問 駒落ちの持将棋について 投稿者:squall 投稿日:2018/12/26(Wed) 17:29  

> これに関しては日本将棋連盟が真剣勝負として関わっている駒落ちと、
> アマチュアが行っている駒落ちとで分けて考えた方が良いと思います。
>
> 日本将棋連盟が関わっている駒落ちとは、奨励会で行われている香落ちのことで、
> この真剣勝負に置いて、持将棋規定がないとは考えられません。
> 推測ですが、特に明記していないだけで平手の持将棋規定と同じだと思います。
>
> ではその他の駒落ちの持将棋規定はというと・・・・・
>
> 日本将棋連盟がアマチュアを対象にルールを作るということはないように思います。
> ルール変更があったとしても、それはあくまで日本将棋連盟が行っている公式戦でのことで、
> アマチュアの対局は対象外です。
> それを、アマチュア側が、日本将棋連盟がルールを変更したのなら、私達も同じルールにしましょうと
> 勝手に変えてるだけです。
>
> 日本将棋連盟がアマチュアまで踏み込まない以上、日本将棋連盟が管理する公式戦以外のルールには
> 口を挟むことはないだろうと思われます。
>
> またアマチュア側はアマチュア側で、日本将棋連盟と全く同じルールというわけではなく、
> 地域、もっと細かく言えば、行われる大会ごとに微妙にルールが違ったりします。
> 例えば持将棋、アマチュア間では点数が多い方が勝ち、点数が同じ場合は後手の勝ち、
> というルールを採用しているところも多いと思います(進行時間の都合上早めに決着をつける必要がある)
> (その場合は対局前の開会式でその部分のルール説明をしっかりする)
> ここから、アマチュアの将棋大会に置いては、
> 絶対に日本将棋連盟と同じルールでやらなければいけないということではないことがわかります。
>
> ちなみに私達の地域では相入玉してお互いの玉が寄らなくなったら上手の勝ちだったように記憶していますが、
> それは昔のことでいまでしたら24点法だという人もいるかも知れません。
> いずれにしても大会で駒落ち対局が行われることはほとんどないので、
> 当事者同士の判断でも別に困らないというのが現実かと思います。
> またアマチュア間に置いては全国的なルールを決めることが出来る絶対的な団体は存在しないので、
> 仮にアマチュア用のルールを作ったとしても、採用する、採用しないでバラバラになる可能性の方が強いと思います。

六夢さん、回答ありがとうございます。
プロの公式戦では駒落ちはやらないので、駒落ちの持将棋のルールは作らないという事ですか。
それだったら、これは僕の意見ですが、駒落ちの持将棋でも24点法を採用してもいいかもしれませんね。
ただ駒落ちでは、お互いに24点に届かない場合が出てくるとは思うのですが、そのときは引き分けということにすればいいかもしれません。


[3260] Re:[3259] 質問 駒落ちの持将棋について 投稿者:六夢 投稿日:2018/12/26(Wed) 06:53  

これに関しては日本将棋連盟が真剣勝負として関わっている駒落ちと、
アマチュアが行っている駒落ちとで分けて考えた方が良いと思います。

日本将棋連盟が関わっている駒落ちとは、奨励会で行われている香落ちのことで、
この真剣勝負に置いて、持将棋規定がないとは考えられません。
推測ですが、特に明記していないだけで平手の持将棋規定と同じだと思います。

ではその他の駒落ちの持将棋規定はというと・・・・・

日本将棋連盟がアマチュアを対象にルールを作るということはないように思います。
ルール変更があったとしても、それはあくまで日本将棋連盟が行っている公式戦でのことで、
アマチュアの対局は対象外です。
それを、アマチュア側が、日本将棋連盟がルールを変更したのなら、私達も同じルールにしましょうと
勝手に変えてるだけです。

日本将棋連盟がアマチュアまで踏み込まない以上、日本将棋連盟が管理する公式戦以外のルールには
口を挟むことはないだろうと思われます。

またアマチュア側はアマチュア側で、日本将棋連盟と全く同じルールというわけではなく、
地域、もっと細かく言えば、行われる大会ごとに微妙にルールが違ったりします。
例えば持将棋、アマチュア間では点数が多い方が勝ち、点数が同じ場合は後手の勝ち、
というルールを採用しているところも多いと思います(進行時間の都合上早めに決着をつける必要がある)
(その場合は対局前の開会式でその部分のルール説明をしっかりする)
ここから、アマチュアの将棋大会に置いては、
絶対に日本将棋連盟と同じルールでやらなければいけないということではないことがわかります。

ちなみに私達の地域では相入玉してお互いの玉が寄らなくなったら上手の勝ちだったように記憶していますが、
それは昔のことでいまでしたら24点法だという人もいるかも知れません。
いずれにしても大会で駒落ち対局が行われることはほとんどないので、
当事者同士の判断でも別に困らないというのが現実かと思います。
またアマチュア間に置いては全国的なルールを決めることが出来る絶対的な団体は存在しないので、
仮にアマチュア用のルールを作ったとしても、採用する、採用しないでバラバラになる可能性の方が強いと思います。


[3259] 質問 駒落ちの持将棋について 投稿者:squall 投稿日:2018/12/26(Wed) 02:05  

駒落ちの持将棋について質問なのですが、平手の場合は24点法が採用されてますが、駒落ちの持将棋の場合はどうなるのでしょうか。
日本将棋連盟のルールにも、これといって無いみたいなので、みなさんはどうしているのかと思って。
駒落ちの持将棋についてのルールも、正式に作った方が良いように思います。


[3258] 竜王戦「実戦の詰み」 投稿者:管理人 投稿日:2018/12/22(Sat) 10:55  

昨日の竜王戦は見応えありました。

その竜王戦の投了局面から「今日の実戦の詰み」を作ってみましたので、解いて見て下さい。


[3257] 広瀬竜王誕生 投稿者:squall 投稿日:2018/12/21(Fri) 19:45  

広瀬さんが竜王位を獲得しました。
おめでとうございます。
僕が前にどっかの掲示板で、広瀬さんが何かのタイトルを持っていて、羽生さんが挑戦者になったとき、広瀬さんは防衛できないんじゃないかという事を言ってしまったのですが、その発言は取り消します。
あのときは、失礼なことを言ってすいませんでした。


[3256] [3251]の詰将棋解答 投稿者:管理人 投稿日:2018/11/22(Thu) 15:02  

この詰将棋を頭の中で読み進めた手順を簡単に書いていきます。(それでもちょっと長いです)

まず図面を見た時、初手は▲3二銀成から精算するしかありません。△同銀▲同馬△同玉となった局面は4手目。
持ち駒は相手の金銀を持ちますから金二枚に銀。これを明確に描ければ8級(位としておきます)。

次にこの局面(△3二同玉)で、見えるのは▲4一銀や▲2二金や▲4三に金や銀です。
しかし、とにかく△3三玉から△2四玉と脱出されるとまったく捕まりません。
なので、▲4三金〜▲4四銀〜▲4二龍という追い方しかなく、10手目の△4三○○合駒までは必然。
この10手目の合駒がまず一つ目の関門でしょうか。この局面を時間がかかっても描ければ3級です。

ここでの合駒、詰将棋慣れしていると、▲6五に利かせる為ひと目で角だろうなという推測はつきます。
(実際は、△5二へ利かせる為、角か銀のどちらかということはすぐに気がつくのですが)
さて、▲5三銀から追いかけて、二つ目の関門は16手目△6三玉の局面。△4三の角を取る為にどこに銀を捨てるかです。
もっとも▲6二銀成以外はすぐに詰まなくなってしまう為、難しいというほどではありません。
ここらへんまで読み進められれば初段くらいでしょうか。級位者でここまで頭の中だけで進められれば大したものです。

21手目からの手順もこれしかない為、有段者にはひと目の手順と言えます。
問題は、28手目の合駒。これが三つ目の関門であると同時に有段者にとってはこれが唯一の関門と言えるかもしれません。
この合駒を考えるようになったら一応三段としておきます。

この合駒には▲7四香が自然なので、ここから読み進めますが一枚足りません。これがこの詰将棋の唯一の紛れです。
▲8三金を読み始めればあとは収束まで一直線。32手目の飛車合いですが、詰将棋には良く出てくる収束。
ここまで頭の中で読み進められた人なら、棋力にかかわらず詰将棋をやっている人でしょうから難しい合駒ではないでしょう。

さてこの詰将棋、前半は実戦から後半は逆算で作成し、それをくっつけた印象があります(違っているかもしれませんが)。
そしてこの問題、頭の中だけで解くにはやはり正確に脳内将棋盤が動かないと解けないでしょう。
そういう意味で、棋力の目安としては、30分でアマ四段と言った感じでしょうか。

ただ、持ち駒が少ないこと、変化や紛れが少ないことなどから脳内将棋盤が正確に動く人であれば初段くらいでも
解けるのではないかとも思われます。
ご自分の脳内将棋盤がどの程度使えるのかの指標になりそうな良い問題ですので、実際に考えて試してみて下さい。

解答
▲3二銀成△同銀▲同馬△同玉▲4三金△同玉▲4四銀△同玉▲4二龍△4三角▲5三銀△5五玉▲5六金打△5四玉
▲6五金△6三玉▲6二銀成△同金▲4三龍△5三金▲5四角△6二玉▲7二角成△同玉▲7三歩成△同玉▲5三龍△6三桂
▲8三金△同玉▲6三龍△7三飛▲7四金△9二玉▲9三香△同飛▲同龍△同玉▲6三飛△8二玉▲7三飛成△9二玉
▲8三龍△9一玉▲9三龍△9二香▲8三桂まで47手詰


[3255] Re:[3252] [3251] ちょっと難しい詰将棋 投稿者:六夢 投稿日:2018/11/19(Mon) 08:17  

「詰将棋を解くスタイル」

もし途中まで合っていればですが、12手くらいまで進んで、
さてこれからどのように王手をつなげていこうかと悩んでいるところです。

管理人さんの言葉を参考にすれば、三段以下では頭の中だけで解くのは難しいということなのでしょう。
解けそうもないから駒を動かしながら考えるということはしないので、ぼちぼち進めて答えを見ることになりそうです。


[3254] Re:[3253] 無題 投稿者:管理人 投稿日:2018/11/19(Mon) 07:44  

すみません。あんな詰将棋でも毎週作るのが辛くなって。

詰パラサイトの毎日更新はすごすぎますね。

面倒なものから更新しなくなり、今は時間のかからないものだけ。。。


[3253] 無題 投稿者:ひろし 投稿日:2018/11/18(Sun) 23:02  

詰め将棋更新しないんですか?
毎週楽しみにしてたんですが。


[3252] Re:[3251] ちょっと難しい詰将棋 投稿者:管理人 投稿日:2018/11/18(Sun) 08:23  

投稿有難うございます。解答は週後半に載せたいと思います。
なお作品の講評は控えさせて下さい。直接作家さんを知らないので。

ただ、この問題だけを見たら、「手数は長いけどやさしい詰将棋」と紹介するかもしれません。
そのためこの詰将棋は、頭の中でどれだけ読み進められるかという指標になりそうです。
ですので、級の方でも駒を動かさずに考えて見て下さい。

たとえば、4手まで進めた局面を描ければ8級です。10手まで進められれば3級。
16手まで読み進められれば初段。28手目の合駒を考えるようになったら三段。と言った感じ。

まあこれはあくまで私の想定した指標ですが。
実際には詰将棋をまったくやっていない人はこれより出来ないでしょうし、
逆に初段くらいの棋力でも、普段から詰将棋をやっている人なら最後まで詰められるのでは、と
思います。


[3251] ちょっと難しい詰将棋 投稿者:ヨッシー 投稿日:2018/11/17(Sat) 22:22  

みなさんこんばんは。ヨッシーです。
今日は私の知り合いの詰将棋作家様が私の実戦から詰将棋を作ってくださいました。
かなり難しくて、一日経った後にその詰将棋作家様に泣きついて答えを教えていただいたのですが、すごい手順で皆様にも楽しんでいただきたいと思い、その詰将棋をここに公開いたします(その詰将棋作家様には、この詰将棋がその詰将棋作家様が作ったことを明記することを条件にしてこの掲示板での公開許可をいただいております)
皆様もぜひご賞味ください。

いつも通り解答と講評は管理人様にお任せしてよろしいでしょうか?

長文失礼しました。

後手の持駒:飛 角 桂三 香二 歩六 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v歩v金 ・ ・ ・v銀v桂v香|一
| 歩 ・v香 龍 ・v銀v金v玉 ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ 歩 ・ 馬 ・v歩 ・ ・|四
| ・ 歩v銀 ・ ・v歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ ・ ・v歩 ・ 金 ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 
手数=0 まで


[3250] 新人王戦優勝 投稿者:squall 投稿日:2018/10/17(Wed) 15:02  

藤井君が新人王戦で優勝しました。
おめでとうございます。
これからの活躍も期待してます。


[3249] Re:[3247] [3246] 「やさしい実戦の詰み」2 投稿者:管理人 投稿日:2018/09/30(Sun) 16:41  

月が変わる前に解答を。(3247と3246の解答です。)

(3247)▲4二金△同玉▲3三角成△4一玉▲4二銀△5二玉▲4四桂△同銀▲4一銀不成
△同玉▲4三香△5二玉▲4二香成△6一玉▲4三馬まで15手詰。

(3246)▲4四桂△同歩▲4一銀△同玉▲4三香△5二玉▲4二香成△6一玉▲4三馬まで9手詰。

3246の▲4四桂が一つの手筋。空間を空けさせる意味で出てくる歩頭桂はまさに典型的な手筋ですね。

子供のうちですと意識する前に覚えてしまいそうですが、大人になってから駒の動かし方を覚えた人ですと、
こう指せればちょっと強くなった感じのする手筋。
この詰将棋では、香の打ち場所を作っている訳です。

3247は前半を6手長くしただけですが、変化は複雑になります。
まず初手▲4二銀から入ると△5二玉で詰みません。金を捨て、角成りですが、△4一玉がちょっとした抵抗。
△5二玉と逃げると▲4四桂を打たれ二手短くなります。
銀を打たせて上がりますが、再度捨てる手があるため、ピッタリ15手で詰むという訳です。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149]

処理 記事No 暗証キー
- KENT - Modified by isso