将 棋 タ ウ ン 掲 示 板
  • マナーを守って楽しく使って下さい。
  • ヒマがあったら、掲示板使用についてもご覧下さい。
  • タグは使えません。また、半角カナは一切使用しないで下さい。文字化けの原因となります。
  • おなまえとコメントのみ必須です。コメント中にURLを入れる場合は、ttp://として下さい。
  • パスワードを入れておけば、ご自分のコメントの削除と修正ができます。

[ホームへ戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[3308] Re:[3305] [3303] 四間飛車党 投稿者:inko 投稿日:2019/04/16(Tue) 17:57  

やったぁ


[3307] 封印 投稿者:squall 投稿日:2019/04/15(Mon) 02:48  

僕の書き込みは封印。


[3306] めくらまし戦法 vs 2二飛 投稿者:毬藻(山之内) 投稿日:2019/04/10(Wed) 14:32  

めくらまし戦法 vs 2二飛

ttp://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?1019
ttp://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?1018
ttp://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?1023
ttp://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?0955
ttp://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?0954
ttp://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?0953
ttp://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?0950

vs 3二飛
ttp://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?1010
ttp://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?0990



[3305] Re:[3303] 四間飛車党 投稿者:squall 投稿日:2019/04/04(Thu) 13:31  

> 四間飛車党の人 手ぇあげて!
> ≪訳(四間飛車党の人 返信して!)≫

僕はこのごろ四間飛車を指すんですよ。


[3304] Re:[3301] インターネット対局について 投稿者:inko 投稿日:2019/04/04(Thu) 12:05  

私もそう思います! (とはいっても自分もやってるけど)


[3303] 四間飛車党 投稿者:inko 投稿日:2019/04/04(Thu) 12:02  

四間飛車党の人 手ぇあげて!
≪訳(四間飛車党の人 返信して!)≫


[3302] 消去 投稿者:六夢 投稿日:2019/04/03(Wed) 19:11  

ちょっとコメントしましたが、考えてみたらわざわざ書くようなことではなかったので消去しました。


[3301] インターネット対局について 投稿者:squall 投稿日:2019/04/03(Wed) 00:59  

僕は最初はインターネットで対局できるのは便利だと思っていましたが、このごろそうは思わなくなってきました。
やっぱり対局は顔を合わせてするものかなと思います。
インターネットだと相手がわからないから、不正なことをしたりマナーが悪かったりっていうことが起こりがちですよね。
インターネット対局は、個人的にはおすすめしません。


[3300] 上達の秘訣 投稿者:squall 投稿日:2019/03/31(Sun) 21:06  

将棋の上達の秘訣についてお話しします。
これは囲碁の石田芳夫先生が言っていたことでもあるし、自分の経験からも言えることなのですが、それは自分と向き合って指すことです。
将棋って相手がいますよね。
でも相手のことは気にしなくていいんです。
常に自分の指したい手を指せばいいんです。
なので相手が強いからといってビビる必要はないし、相手が弱いからといって、威張るというかそういう必要もない。
自分と向き合って指すことを心がけると、1年で1級は強くなれます。


[3299] Re:[3298] [3297] お化け屋敷のヒント7 投稿者:inko 投稿日:2019/03/27(Wed) 19:09  

あの・・・申し訳ないのですが、・・・

ヒント7は見つけていて、仲間探しとして投稿しました。
申し訳ないです(_ _)mm
 



[3298] Re:[3297] お化け屋敷のヒント7 投稿者:管理人 投稿日:2019/03/24(Sun) 08:43  

ヒントファイルってどこにあったかな?と思い確認してみると、ヒントは5までしかありませんね。
これは、隠しファイル7ということですね?

隠しファイル7は、自作詰将棋のページからリンクしてあります(答えを言ってしまいますが)。

お化け屋敷は、将棋タウン作成時の初期に作ったコンテンツです。
その後、一度見直したものの、もう15年くらいそのままでしょうか。
私自身どういう罠を仕掛けて見えないようにしていたか覚えていません(^^;
一応、場所だけは覚書があるのですけど。

今年は、不要なコンテンツを大幅に消していく予定です。
このお化け屋敷も消そうかなと思っていたのですが、改めて見るとちょっと面白い(^^;

なので簡単に見つかるように修正して、最後は「秘密の掲示板」ではなく、花火を打ち上げて
おめでとうのページで終わるようにしようかと。

それから「ゲームセンター」も十年ぶりくらいにページを開いてみましたら、
もう動かないものがたくさんありますね。
動いているものだけを残して、できるだけ早い時期にここも整理したいと思います。


[3297] お化け屋敷のヒント7(ホームからお化け屋敷クリックして図面をクリックしたところ参照) 投稿者:inko 投稿日:2019/03/22(Fri) 11:58  

ヒント7を見つけた人は返信おねがいします^^







[3296] 「今日の実戦の詰み」余談 投稿者:管理人 投稿日:2019/03/15(Fri) 10:49  

「今日の実戦の詰み」としてアップした問題は、2週間前の羽生-丸山戦です。
この作成に関し余談を(暇な時に考えて見て下さい)。

元は下の局面。投了図から、もし△9五銀と受けたら?ということで、解説もしていました。
その解説では確か、「詰むかもしれませんが」と断りを入れて、△9五銀には▲6七金右の一手必死でも▲7四龍△9四玉▲9六歩の三手必死でも先手勝ち、と。
もちろん、銀を打ったら、実戦なら間違いなく必死をかけるでしょう。
でもこの局面は、実際には詰みます。考えて見て下さい。但し、正解は5手目まで。7手以降には余詰めがたくさんあります。

後手:丸山九段
後手の持駒:角 金 桂 歩三 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 龍 ・ ・ ・ ・v金 ・v歩|三
| ・v歩 ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・|四
|v銀v玉 歩 ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 金 ・ 歩 ・ 銀v角 歩|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ 飛|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・v銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:羽生九段
先手の持駒:歩三 

実はこの局面を見ていて、「あっ!もしかしたら初手面白いかも!」と思ったのですね。
なぜなら、普通は▲8六歩と突きたくなりますが、△7五玉で打ち歩詰になるからです。「これは打ち歩打開の問題として・・・」

その勘は合っていたし、その後の5手目も面白い手で、是非実戦の詰みに使いたいなと思ったのですが・・・。
4手目の変化と、さらに7手目以降の余詰めが簡単には消せそうに見えなくて諦めたのです。

通常、5分くらいで修正できないとすぐに諦めるのですが、昨日ちょっと考えていたら・・・、
「あ、龍を消せば多くの余詰めの筋消えるかも」と思い、意外に早く「今日の実戦の詰み」が出来たという訳です。
しかも、いろいろな筋で打ち歩になり結構面白いものが。

その今日の実戦の詰みですが、10分で五段としておきました。(この上の問題ではなく、第191問で3月15日出題の問題です)
でも実際に自分では詰めていません。作成の大部分を柿木ソフトに頼ってますので(^^;

これら15手前後の実戦の詰みの棋力の基準ですけど・・・
自分がひと目で詰めたものには10分で二段。その中に若干の変化や紛れがあれば三段・・・と。

実は四段に設定しているものは、多くを修正している為自分で詰めているものは半分もないでしょう。
今回の10分で五段も、これだけいろいろ複雑な変化と紛れがあれば(たぶん)相当難しいだろう、という予想の元に設定しています。
あくまで目安として考えて下さい。


[3295] [3293]の詰将棋解答 投稿者:管理人 投稿日:2019/03/11(Mon) 15:35  

▲4二歩△同金▲同銀成△同銀▲3二金打△5一玉▲4二金△同玉▲1五馬△同飛▲3四桂
△5一玉▲4二銀△6二玉▲7二と△同玉▲8一飛成△6二玉▲5一銀不成まで19手詰。

初手は歩から精算するしかなく、この詰将棋の唯一の変化は4手目に△同玉と△同銀があるということです。
私は銀の方から先に読みました。と言うのも銀なら金を打って取っていくしかなく分かりやすそうだから。
頭の中では以下「▲3四桂と打ち、△5一玉に▲4二銀△6二玉にと金を捨て飛車成り・・・。」
とここまで読むと「あ、飛車がいるのか?と言うことは最初に▲1五馬で飛車の位置をずらすのだな。」と気づきます。
ここまでひと目。ただ正解かどうかは4手目△4二同玉がそれより短い詰みでなければなりません。

その△同玉に桂は明らかに足りないのですが、今度は▲4三馬があります。逃げても取ってもやさしい詰み。
ということで、長いのは4手目△同銀でこちらが正解になる訳です。
ただ一つ気を付けないといけないのは、馬捨てと桂の手順前後です。
▲3四桂を先に打ち、△5一玉に▲1五馬とすると逃げられて詰みませんのでここだけは注意が必要。

さて、これもし将棋センター内での実戦ですと▲1五馬!などの捨てる手は「すごい妙手!」なんて盛り上がったり
するのですが、詰将棋にするとひと目で見破られてしまう普通の手になってしまうのですね。
その理由は、不要な駒がなくなるから。
詰将棋にする為には不要な駒を排除しなければいけないし、最後に持ち駒が残ってもいけない。さらには手順前後も成立させない。
こうした制約が実戦からの詰将棋をやさしくしてしまいます。
たとえば、ここでの初手の歩すら、実戦ですと歩が利くことに気づかなかったってことありますよね。
ごちゃごちゃしている実戦なら▲4三馬も気づきにくい一着と言えそうですし。

詰将棋は詰将棋として作ると実戦の詰みより(同じ手数の場合)はるかに難しい作品になるのですが、実戦に現れた筋を
詰将棋にすると必要な駒だけが残り紛れがなくなる分、やさしくなるという性質があるということです。


[3294] Re:[3293] 短編詰将棋 投稿者:管理人 投稿日:2019/03/09(Sat) 10:29  

投稿有難うございます。

実戦を詰将棋にしてしまうとどうしても紛れが少なくなる分やさしくなります。
今回も手数はそこそこ長いですが、やさしい詰将棋です。
下の私が実戦の詰みにした[3284]と同じ位の難易度でしょうか。

19手詰。10分で初〜二段。
もし不要な駒が散りばめられている元の実戦なら10分で三段ということ
になるかもしれません。
解答は後日。


[3293] 短編詰将棋 投稿者:ヨッシー 投稿日:2019/03/08(Fri) 18:25  

皆様、一週間ぶりです。ヨッシーです。最近ハイペースだと自分でも思いますがお許しください。
さて、今回もイリスさんが私の実戦を元に詰将棋を作成してくださいました。手数は詰パラ(詰将棋パラダイス)で言うと短編に入る部類だと思いますが、なかなか複雑で楽しめる好作だと思っています。
紛れもそこそこ入っており楽しめると思いますので、是非ご賞味ください。
いつも申し訳ないのですが、解答・解説は管理人様にお任せしてよろしいでしょうか?(汗

後手の持駒:角 金二 銀二 桂二 香三 歩十一 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| と ・ ・ ・v金v玉v銀 ・v飛|一
| ・ ・ ・ ・v香 ・ ・ ・ ・|二
| ・ とv歩v歩v歩v歩 銀 金 ・|三
| ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・|四
| ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩 

※イリスさんには、ここでの公開の許可をいただいております。


[3292] NHK杯 投稿者: 投稿日:2019/03/06(Wed) 17:27  

NHK杯のベスト4が丸山、羽生、森内、郷田ですね。丸山―羽生戦は終わりましたが、タイムスリップしたような気になります。決勝が羽生―森内だったりすると、昔の記憶がよみがえりますねえ。


[3291] [3283][3284]の「実戦の詰み」解答 投稿者:管理人 投稿日:2019/03/04(Mon) 09:17  

[3283]の後手玉の詰みの解答
▲4一金△同玉▲5一飛△4二玉▲5四桂△同歩▲5三角まで7手詰。

△3一玉から△2二玉となると何枚あっても詰まない形になってしまう為、
▲4一金と捨て▲5一飛と打ちます。そして▲5四桂の歩頭桂。
これで空間を作りそこに駒を打ち込めば詰み。

このような筋(▲4一金〜▲5一飛)は、やさしい詰将棋にも実戦にも
良く出てきますので、ひと目で見えるようになりましょう。
また歩頭桂も非常に良く出てくる詰みの手筋です。

[3283]の先手玉の詰みの解答

△6九角▲5九玉△6八銀▲同玉△7八角成▲5八玉△6九馬まで7手詰。

こちらは△6九角と打ち、▲5九玉に△6八銀とここに捨てるのが好手です。
△5八銀から精算してしまうのは駒が足りなくなります。
▲6八同玉には△7八角成と成り返って詰み。

なお、後手の持ち駒の角を金に変えると、もう一つ「やさしい実戦の詰み」が出来ます。
すなわち、△4六桂▲同歩△4七銀▲6八玉△7八金▲5九玉△6九とまで7手詰。

△4六桂も歩頭桂。空間を作る為の捨て駒ですね。

ちなみに、角銀桂の時の詰みでは桂は不要。こうした不要な駒でも持っていると△4六桂
とか考えてしまい、もし打ってしまうと、▲6八玉で詰まなくなります。
詰将棋には不要な持ち駒はありませんが、実戦ゆえの紛れでこの部分に関しては
かえって難しくなります。

[3284]の詰将棋解答

▲4一金△5二玉▲7四角△6一玉▲5一飛△7二玉▲6四桂△8二玉▲9一飛成
△同玉▲9三香△8二玉▲9二香成△7一玉▲7二歩△6二玉▲5二角成まで17手詰。

▲4一金に△同玉は▲5一飛から同じ筋。△5二玉と逃げますが、上がられては詰まないし、
▲6二飛は△4一玉でこれもダメですので、角を打つ一手。

この問題で、唯一の変化と紛れは、6手目の△6二玉を詰ますということと、
7手目の▲6四桂で▲5二飛成の紛れがあるということくらいです。

△6二玉は▲5二飛成から▲8三桂。また、△7二玉に▲5二飛成は△6二金で詰みません。
ただこの後も、▲6四桂△8一玉に▲6三角成という強襲があるだけに、ここに読みを入れた
人はちょっと時間がかかったかもしれません。

これが唯一の紛れで、(▲5二飛成ではなく)▲6四桂を先に読んでしまえば、後は一直線。
やさしい17手詰だったな、ということになるでしょう。


[3290] お知らせ 投稿者:squall 投稿日:2019/03/02(Sat) 11:22  

僕はこの掲示板で藤井君の応援をしようと思っていたのですが、中には藤井君が勝つことを良くないと思っている人もいるみたいなので、ここで藤井君の応援をするのをやめることにします。
僕は陰ながら藤井君を応援することにします。


[3289] Re:[3288] [3287] [3284] [3283] やさしい実戦の詰み 投稿者:ヨッシー 投稿日:2019/03/01(Fri) 11:53  

> 今回はやさしいのでほぼ解答だけになると思いますが、後日私が簡単な解説と一緒に書きましょう。
>
> ところで、余詰めについて、ですが、過去私がいろいろ指摘していたような気がしていたので、
> 掲示板を遡ってみたところ、去年の4月頃にヨッシーさんから投稿された局面で問題にしていますね。
> さらにその少し前にも。たぶん、その頃から余詰めについてより一層注意するようになったのかな、
> と思います。
>
> 余詰めの話をし始めると、それだけで「ミニ感想」が2〜3枚書けてしまうほど内容は多いので
> ここでは触れません。
>
> ただ、私は個人的には「初手三通り、どれでも正解!三手目も三通り、どれも正解!」
> という実戦の詰みを解く気にはならないでしょう。
> ですので、大きな余詰めを消して出題しているのは、解く人目線からの理由によります。
>
> 大きな余詰めも小さな余詰めもキズも可能ならすべて消して出題したいのですが、
> 実際は修正時間と実戦的な局面の自然さなどと比較して妥協しています。
>
> たとえば今回の「やさしい実戦の詰み」も、詰将棋的には(柿木ソフトにかけると)余詰めがあります。
> それはつまり、「5手目の意味のない龍の王手」です。実戦の詰みによく生じる余詰めで、
> 「今日の実戦の詰み」に載せる時にはこうした手も(基本的には)消しています。
> ただ、これは実戦にありがちな「小さな余詰め」と思っていますので、今回はこの余詰め
> の話が出なければスルーするつもりでいました。

管理人様、大変助かります。ありがとうございます。
小さな余詰めがあったのですね・・・こういった余詰めは手数延ばしの無駄合いと同じようなものだと見なしてました・・・ 次投稿する時から、そこも考慮に入れて確認します。ありがとうございます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149]

処理 記事No 暗証キー
- KENT - Modified by isso